曼荼羅性交絵巻23|結愛


もはや居るだけで部屋がエロくなるレベルのピンクオーラを放つのは自称「ド変態クソビッチ」の”結愛チャン”。今回このド変態と合い見えるのは二本のチ○ポ。二人がかりでこの助平を退治してくれると意気込んで参りました。しかしあっけらかんと自分の性癖を話す彼女に圧倒され、いつの間にやら彼女のペース。ちなみに彼女の性癖はアナルとザーメンです。しかもマ○コとアナルどちらか選べといわれたらアナルを選ぶという生粋のアナリスト。さて試合の幕が開きます。軽いボディタッチで既にアソコがドロッドロになっているのはもう驚きませんが、何の準備も無しにアナルにもアソコにも指が二本ずつ入ってしまうのは流石です。オモチャでほぐすまでもありませんが、単純に気持ちよさの為にオモチャを使って気分は最高潮。そして大好物のザーメンを顔にぶちまけるべくスケベフェラで攻撃してきます。大量のザーメンがブチまけられた後は待望の二本挿し。ベッドでくんずほぐれつしながらマ○コとアナルにたっぷり中出し。計三箇所にザーメンを放出された彼女の様子を伺うと、余裕の笑顔でとても楽しそうなのでした。ド変態クソビッチの底はまだまだ知れぬ…
続きはこちら

コメントを残す