ペットを飼うことになりました 〜美少女ペットアナル調教〜|星野あいか


ケージの中でペロペロと水を飲んでいるかわいい美少女、星野あいかちゃん。先月、寒空の下でうずくまっていた所を男に拾われたという。「あいか、よくねむれたか?」と聞くと「はい、ご主人様。」と笑顔で答えるあいか。男はケージの扉を開けると「朝ご飯の時間だぞ。」とボールを差し出す。すると嬉しそうにケージから出てくるあいか。食べたくて興奮するあいかに「何、勝手に食べようとしてるんだ?まずやることがあるだろ?」と「お手、お座り、伏せ」とご主人様の指示通りにするあいか。「オナニー。」と指示されるとあいかは、まだ覚えが悪い様子。「ほら、こうやって自分の手で触るんだ。」とご主人様はあいかの手を取ると乳首を弄らせる。「体をもっと起こして。足ももっと開いて。」次々とご主人様の指示が出るが、あいかは、まだ気持ちよさがわからない様子。「じゃあ、これを乳首に当ててみろ。気持ちいいぞ。」とローターを手渡される。スイッチを入れ乳首に押し当てると息を乱して喘ぎ出すあいか。「あ〜、は〜」と気持ちよくなっていく。「今度はこっちも触るんだ。」とオマンコを弄らせる。「あいか、ちゃんと見せなさい。」とパンティをずらしてオマンコを見せるように指示されると「はい、ご主人様。」とパックリと指で広げてみせる。「気持ちいいところを触るんだぞ。」あいかはグリグリとクリトリスを弄り出す。「あ〜、あ〜」割れ目をなぞるように指を這わせると「指を入れてみろ。気持ちいいぞ。」とご主人様。ズブリと指を挿入すると愛液が指に絡みついていく。「おしりにも指を入れてみろ。」「はい。」あいかは、ズブリとアナルにも指を挿入する。男はローターを手渡しさらにクリトリスを刺激させる。「ご飯の前のおやつだよ。」男はバイブを咥えさせたっぷりと舐めさせると「自分で入れてみなさい。」とバイブを手渡す。あいかはゆっくりとバイブをオマンコに挿入する。「あ〜」喘ぎ声が激しくなると「ちゃんとイクまでやるんだぞ。」ご主人様の命令にズボズボとピストンを速めるあいか。「あ〜ん、あ〜、あ〜、うぁ〜〜〜」腰を震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。捨てられていた美少女をペットとして飼うことにしたご主人様と美少女ペットの物語。ご主人様は美少女ペットをかわいがり、たっぷりと気持ちよくさせる。きれいに剃られたパイパンオマンコとアナルを調教し、ご主人様のチンポにむしゃぶりつくようになっていく。ドM美少女好きには堪らない作品。
続きはこちら

H:G:M:O

スワッピングカー大走行 Part.1|素人


「朝早くから起こされたからねむいよ。」とぼやく男。「しようがないじゃん〜」ときれいなロングヘアーの美女。「早く着かないかな〜」と楽しみな様子の男。「楽しみなの?」と彼女に問いかけると笑顔で「うん。」と答える。「やっぱり若い娘の方がいいんでしょ?」と男に聞くと「俺はね。でもおまえもそうでしょ?」と逆質問。「そうだけどね。」とこちらも若い男を期待している様子。「スケベだな〜。」と彼女の体をつつく男に「お互い様じゃん〜」と彼女も戯れる。これからどこへ向かうのか?いろいろ期待しながら車中の会話を楽しむ二人。車は渋滞の中をノロノロと走る。男は彼女の手を取ると「時間つぶしでもするか。これで・・・」と自分の股間を触らせる。「もう〜エッチなんだから〜」と二人はキスを交わす。「もう濡れてるんじゃないか?」とスカートをまくるとTバックパンティの上からオマンコを弄り出す。「外から見えちゃうんじゃない?」と周りの車から見えないかと不安になる彼女。「大丈夫。スモークガラスだから見えないよ。」と男。男は彼女の足を広げて窓の外へ向けてしまう。見えてそうで不安が増す彼女に「じゃあ、外に出てみてみれば?」と車外へ。外からは見えないことを確認し安堵する彼女。「ノーパンで外に出たの?」と彼女はすでにパンティを脱いでノーパンで外に出ていた。男は再び彼女の足を開き外に向けてオマンコを弄り出す。「あん」とすぐに感じてしまう彼女。男はおっぱいを丸出しにして乳首を吸い始める。「あ〜」男が指をズブリと挿入すると喘ぎ声が激しくなっていく。「あ、あ、あ〜〜」と顔を歪ませて感じてしまう彼女。「入れて欲しいの?何本?」と指を増やしてオマンコをピストンする男。「入れて欲しい・・・。あ〜〜〜」彼女がおねだりするとさらにズブリと奥まで挿入する。「あ〜、イッちゃう〜、イッちゃう〜。」と快感が一気に上昇する彼女。「まだイカせないよ。」と手マンチョをやめる男。バイブを取り出すとクリトリスに押し当てグリグリ。クリへの刺激でまたもやイキそうになってしまう彼女。「四つん這いになって。」彼女を四つん這いにさせるとズブリとバイブを挿入する。「あ〜〜〜」うなりながら回転するバイブをズボズボとピストンすると「あ〜、イク〜。ダメ〜〜〜!」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。バイブを入れただけであっという間にイッてしまうほどエロエロな彼女。車は目的の地へ到着する。二人は車を降りて湖へ。ボートを借りて漕ぎ出すと別のカップルに遭遇する。「向こうも興味あるんだよ。ちょっと足を開いてみな。」と足を開かせパンティを見せる。その様子を見ていたカップルが人気のない方へとボートを漕いでいく。カップルと追いかけ岸に着くと二人はさらにカップルを追いかけ森の中へ。するとカップルが森の奥でキスを交わしていた・・・。二人に刺激されたカップルはそのままセックスへなだれ込む・・・。青空の下での野外セックスを楽しもうと湖にやってきたカップルが別のカップルの野外セックスを目撃してしまう物語。人目を気にしながらも快楽を追求する様は興奮もの。普通の女の子が大胆に野外セックスをしてしまうのも驚き。青姦好きには堪らない作品。
続きはこちら

H:G:M:O

恥女モノ狂い 女子アナSEX・・・ 1|みなみ


男に促されワンボックスカーに乗るみなみちゃん。すると早速男と濃厚なキスを交わす。男はみなみのおっぱいを激しくまさぐっていく。「ブラジャー取っちゃおうか。」と男に言われ服を脱ぐとたわわな巨乳が。「すごい大きいよ。」興奮しておっぱいを後ろから揉み揉みする男。ホックを外しおっぱいを丸出しにすると乳首に吸い付いて愛撫。「あ〜〜」激しい喘ぎ声を漏らしてしまうみなみ。「スカート脱いじゃおうか。」みなみがスカートとストッキングを脱ぐと男はパンティの上からオマンコを弄り出す。「あ〜〜〜」激しく感じてしまうみなみに「すごい感じやすいんだね。」とオマンコを攻めていく。「横から指入れちゃおうかな。」とパンティの隙間から指を入れオマンコを弄ると「すごいビチョビチョ。何でもう濡れてるの?何でか言わないと虐めちゃうよ。」男が意地悪を言うがみなみは恥ずかしくて答えられない。男はオマンコにパンティを食い込ませると「イヤらしい格好してるの見てみな。」とさらに恥ずかしがらせる。パンティを一気に脱がせるとオマンコをパックリと開いたり閉じたりする。「あ〜、舐めちゃおうかな。」グジョグジョとクンニすると「あ〜〜〜」とまたも激しく喘いでしまうみなみ。「ダメダメダメ〜」顔を歪ませながら感じてしまうみなみに男は指を2本ズブリと挿入してしまう。「どうして欲しい?」グジョグジョとピストンしていく男。電動バイブを取り出すと乳首に押し当てていく。男はさらにバイブをオマンコに押し当てグリグリとクリトリスを攻めていく。「ダメ、ダメ〜」みなみはさらに貪欲に快感を欲しがり自分でバイブをオマンコに挿入してしまう。「あ〜自分で・・・」男はズブリと挿入されたバイブをグリグリと掻き回しながらピストン。さらにアナルにまでバイブを挿入してしまう・・・。体をくねらせながら感じまくる淫乱美女。男の言葉責めとバイブ攻めであっという間に絶頂へ達してしまう。これほど乱れながらイキまくる女を男なら一度は抱きたいもの。アナルまで調教され2本責めも。清楚な美女を裸にしたらこれほど淫乱になるかと思うと堪らず大興奮。お薦めの作品。
続きはこちら

H:G:M:O

ゲット!ストリートファック|素人


「今日のテーマはナンパです。」二人の男たちに課せられたミッションはナンパして女の子とヤルこと。すると一人は得意だというがもう一人は苦手な様子。「今まで声をかけてうまくいった例しがない。」と自信がないという。「まあ、どこまで行けるかやってみましょう。」と、とある繁華街へ繰り出す男たち。「どんな娘に声をかけようか?」と街を歩きながら「とにかくきっかけ作りが大事。」と極意を披露する男。「ご飯とかお茶とかどうですか?」バイト帰りだという女の子に声をかけるも撃沈する男たち。「まずは慣れないとね。」と失敗にめげない男たち。その後もナンパを続けるもなかなか難しい。「これから買い物しようと思って・・・」というかわいい女の子に声をかける。「とりあえず数秒でいいからお茶だけ飲みましょうよ。」とナンパ成功。女の子も半信半疑ながらついて行く。お茶を飲みながら世間話をすると徐々に打ち解けていく。ゲーセンでプリクラを撮ったあと、とあるビルの非常階段へ。なんとフェラチオをさせることに成功する。Wフェラをさせながら、実は「おちんちん好き」という素人娘の本音を聞き出す。手コキとフェラで男たちの興奮が盛り上がってたところにあるハプニングが起こってしまう・・・。男たちが繰り広げるナンパ即お持ち帰りをリアルに描くドキュメンタリー。二人は何人の素人娘をゲットできるのか?そしてどこまでイケるのか?
続きはこちら

H:G:M:O

NUDE ヌード|渡邊久美


たわわなおっぱいをむき出しにしたセクシーな美女、渡邉久美ちゃん。おっぱいを揉み揉みして見せつける。網タイツにガーターベルトですらりと伸びた足が何ともエロい。「大好きなので毎日やってます。」というセクシーな衣装に男も興奮している。「毎日こんな格好で何を待ってるの?」と聞くと「エッチを待ってるの。」とエロい言葉。「イヤらしいエッチ。やったこともないエッチを待ってるの。」と男としては興奮を抑えられないほどのエロ娘。「オナニーはします。」という久美。「胸とか下です・・・」といきなりパンティを脱ぎ始める久美。「イヤらしいところはここを弄ります。・・・オマンコ。」と恥ずかしがりながらオマンコを弄り出す久美。張りのある巨乳を自ら激しく揉みながら気持ちよくなっていく。「気持ちいい〜。乳首・・・」と男に鷲づかみにされ揉みくちゃにされると顔を歪ませて感じていく。「Dの85」という久美の巨乳。「オナニーは15の時から・・・」という早熟なエッチ娘。「これどうなってる?」男はズブリとオマンコに指を挿入してグジョグジョさせながら久美に言葉責め。「経験人数は15人くらい」という久美をいすに座らせると足を開かせオナニーを続けさせる。「イヤらしい男が好き。」という淫乱娘。自ら指をオマンコに挿入してグジョグジョ。そこへ、興奮した男たちが久美の巨乳を揉みくちゃにし始める。「あ〜、いい〜」おっぱいを鷲づかみにされ興奮していく久美。男は乳首を激しく舐めながらバイブを当てていく。「もっとペロペロ舐めて〜」男におねだりすると男は久美の口にバイブを咥えさせる。たっぷりと唾液を絡ませると男はバイブをオマンコに。クリトリスにバイブを当て言葉責め。久美に恥ずかしい淫語を言わせる。「入れて〜」グリグリとうなりながら回転するバイブを見ておねだりする久美。男はクリトリスを弄りながら焦らすようにゆっくりとバイブを挿入していく・・・。エッチの貪欲な娘が恥ずかしがりながらも快感を貪っていく物語。男たちに淫語を言わされながらオマンコにバイブを咥える。マングリ返しでオマンコをパックリと広げられながらバイブをズボズボとピストン。「やめないで〜」とバイブ責めをおねだりする。こんなエロ娘と一度はヤッてみたい、そんな方にお薦めする作品。
続きはこちら

H:G:M:O

M-Mode Vol.4|杉本セリカ


ミニスカート姿がキュートなお姉さん、杉本セリカちゃん。ソファーに座り自らおっぱいを揉み出す。すぐに気持ちよくなり吐息が漏れ出す。「は〜ん」目をとろけさせ股間にも手を伸ばしていく。ミニスカがまくれパンティがあらわになる。割れ目をなぞるように指を這わせると溜まらず喘ぎ声が漏れてしまう。ローターを取りだしブラジャーの上から乳首を刺激。「あ、あ、あ」ブラジャーの隙間からローターを乳首に直接当てる。足を開くとグリグリとローターをクリトリス押し当てていく。パンティの隙間からオマンコが見えエロい光景になる。四つん這いになり後ろから攻められるような格好に。アナルから割れ目へとローターを動かしていく。「あ、は〜あ〜。あ〜、あ〜、あ〜〜」激しい快感がセリカを襲い腰をグリグリと動かしながらあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。「気持ちよくなっちゃった・・・」恥ずかしい顔をしながらもオナニーで気持ちよくなった美女。エッチ好きな顔そのままにチンポ好きだという。キュートなスレンダーボディでスタイルは抜群。男ならスタイル抜群の女と一度はヤッてみたい。そんな願望を叶える作品。エロ美女好きにお薦め。
続きはこちら

H:G:M:O

初めての二穴挿入 〜ペットM美女ザーメンまみれ〜|香川りお


とある廃墟ビルに屯する怪しげな男たち。「ほら、行けよ。」と男に言われ、下着姿の香川りおちゃんが犬のように連れられてくる。男におしりをスパンキングされるりお。すると「あれ?ペット変えたの?」と別の男が近寄ってくる。「ああ、今日が公園デビューなんだよ。遊んでやってくれよ。」とりおのお披露目だという男。「散歩したいよな?」と別の男にリードを渡すと、りおは男と散歩する。男たちの前をぐるぐると回りながらおしりにスパンキングされるりお。「みんなに顔を見てもらえ。」ち男がりおの目隠しを取ると「こいつ、チンポ大好きなんだよ。」とりおのチンポ好きをアピール。「誰かよ、えさの代わりに咥えさせてくれよ。」というと「ほら、おまえの大好きなチンポだぞ。手を使わず口だけでやってみろ。」と男がりおの口内にチンポを突き刺していく。ペロペロと舌を使って舐め回しパクリとカリを咥えていく。りおはおいしそうにチンポにむしゃぶりついていく。「他のやつも舐めさせてくれよ。」と男が言うと「俺のも頼むよ。最近溜まってるんだよ。」と勃起した肉棒を咥えさせる。袋までおいしそうに舐め回すりおに男も大興奮。男たちは次から次へと肉棒を咥えさせていく。「あ〜、気持ちいいな〜。」りおの頭を押さえつけズボズボと肉棒を口内に突き刺していく男。代わる代わるチンポを咥えられて嬉しそうなりお。男たちはこぞって肉棒をりおの口に突き刺していく。「おい、イクぞ。」興奮の限界に達した男はりおの口内から肉棒を抜くとりおの口元にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「きれいにしろ。」ザーメンにまみれたチンポをペロペロと舐めてきれいにするりお。すぐに別の男のチンポを咥え激しくピストン。「あ〜、イク〜」男がドピュドピュッと顔射する。「ほら、こっちもだ。」激しく頭を揺らしてピストンすると「イッちゃいそうだ。イクぞ。」りおの顔にザーメンが勢いよく放たれる・・・。ペットとして飼われた美女が大好きなチンポを咥え次々とイカせる。男たちが放出したザーメンをペロペロと舐めゴクリと飲み干す。そして、ほとんど経験がないというアナルセックスで新たな自分を見つけるべく二穴挿入までしてしまう。生粋のドM美女が自分の限界に挑む物語。ドM好きには堪らない作品。
続きはこちら

H:G:M:O

お姉さんにぶちまけて!|古河由摩


エロ本を見ながらオナニーしている男。そこへ「ただいま〜」とミニスカートを穿いた美女、古河由摩ちゃんが帰宅する。それに気づかずオナニーを続けている男。由摩は、ふと気になって男の部屋の扉を少し開けた。ビンビンにチンポを勃起させしごき続ける男。それを覗いてしまった由摩は自らも催してしまう。息づかいが荒くなりおっぱいをまさぐり出す。セーターの上からでもわかる巨乳。ミニスカをまくり股間を弄り始めた。由摩は我慢しきれなくなり男の部屋に入ってしまう。「お姉ちゃん。」びっくりしてオナニーの手が止まってしまう弟。「ねえ、出てってよ。」という弟に「あなた、いつも一人でこういう本見て、一人でしてるの?」と近寄る由摩。「見ないで、お願いだから出てってよ。」と恥ずかしさのあまり股間を隠して懇願する弟。「そんなに抵抗するならお父さんに言うわよ。」と告げる由摩に「それはやめて。」と諦めたように言う弟。「ねえ、いい子だからお姉ちゃんの言うこと聞いて。」と弟の頭を撫でる由摩。エロ本を取り上げ、股間を隠した手をどける。さらに「触ってごらん。」と弟の手を取り自らおっぱいに導く由摩。さらに股間にも触らせる由摩。「お姉ちゃんが優しくしてあげるから。」と弟のチンポを握るとパクリと咥えだした。「いいから言うこと聞きなさい。」とビンビンの肉棒をシコシコとしごきながら唾液でヌルヌルにしていく由摩。「このことは秘密よ。」由摩は弟のチンポを手コキしていく・・・。弟のオナニーを覗いてしまった姉が自ら弟の肉棒を握りオナニーのお手伝い。ダメだと思いながらも弟は抵抗できずにチンポをビンビンに勃起させてしまう物語。こんなに美人でエロいお姉ちゃんがいたら・・・という男の願望を叶える作品。
続きはこちら

H:G:M:O

淫らで卑猥な果実たち 2|愛川かおり


「君はバストが大きいね。」居酒屋の店長から言われ上目遣いで見つめる愛川かおりちゃん。「だいたいいくつくらい?」とさらに聞いてくる店長に「カップで・・・Dくらい・・・」と答えるかおり。髪をかき上げながら、いい女系の風情を漂わすかおりは「マスターも飲めば?」と勧める。「そうだな。」とお酌してもらうと「乾杯といこうか。」と誘うが「乾杯することなんて何もないよ。」とかおりはつれない。「今日はダメ・・・。」と店長の肩に凭れるかおり。すると「横になれるところがあるからあっちへ行くか。」とかおりを座敷へ誘う店長。「あっつい。」と暑さを訴えるかおりに「そうか?じゃあ脱いじゃえよ。汗かいて風邪引いちゃうぞ。」とかおりのブラウスのボタンを外し出す。「優しいね。」とかおりは店長のされるがままに。ブラウスを脱がせると大きなおっぱいがあらわに。店長は後ろからおっぱいを鷲づかみにして「やっぱりブラの上から見ても大きいな。」とかおりのおっぱいを揉み揉み。「じゃあちょっとな、ブラジャーで締め付けると気分が悪くなっちゃうからな。」と後ろのホックを外してしまう店長。形のいいきれいな巨乳があらわになり、直接おっぱいをまさぐっていく店長。「いいおっぱいしてるな。」と乳首をコリコリ。「マスター、そんなことしたら感じちゃう〜。責任取ってくれるの?」とかおり。「いいんだよ、感じて。大丈夫だよ、責任取ってあげるから。」と興奮していく。かおりを横たわらせると、靴を脱がせ、スカートも脱がせる。「何で脱がせるの?」というかおりに「締め付けがダメなんだよ。」とストッキングも脱がせてしまう店長。さらに「ちょっと見てみるかな?」とパンティをずらしてオマンコを丸見えにしてしまう店長。「よく見てみようか?」店長はかおりのオマンコを広げると「指を入れてみようか?」とズブリと指を挿入してしまう・・・。行きずりの男と女がその場でセックスをしてしまう物語。言葉巧みに巨乳美女の服を脱がせ、丸裸にしてしまう居酒屋のエロ店長。お店だとお客が来るからと店長は自宅に美女を連れ込んでしまう。自宅に連れ込んだ店長は美女を大人のおもちゃで弄りまくる。こんな出会い方でセックスしたい方にお薦めの作品。
続きはこちら

H:G:M:O

女子部 ラクロス部 Part.2|渋谷りな (上戸さや)


ラクロス部に所属する女子校生の渋谷りなちゃん。部室でユニフォームに着替えると大胆に足をM字開脚。そのままパンティをグイッとオマンコに食い込ませる。若い割れ目に食い込んだパンティが何ともイヤらしい。さらにパンティを脱いでオマンコをパックリと丸見えに。ビラビラを指で開いてピンク色のオマンコの中まで丸見え状態に。イヤらしく口を開いたオマンコは興奮する。そこへどこからかバイブが登場。ゆっくりとりなのオマンコへバイブが挿入される。ズブズブっとバイブを飲み込んでいくオマンコ。バイブはゆっくりと出し入れされ、りなのオマンコがヒクヒクしている。バイブが抜かれると今度はクスコがズブズブっとオマンコに挿入される。挿入されたクスコはゆっくりと開かれ、りなのオマンコの奥まで丸見えになってしまう。オマンコの奥が愛液で濡れ濡れになっている。場面変わって強面の教師に呼び出されるりな。「何で呼び出されてるかわかってるだろ?」先生に聞かれるが「何ですか?」とりなは理解できていない。「おまえは学校に何しに来てるんだ?」と聞かれるが答えられないりな。「そんなに男が好きなのか?」と問い詰める先生。「そんなことないです・・・」とか細い声で答えるが「先生嘘言ってますよ。」と先生の後ろから男子生徒が言葉を挟む。「僕見ちゃったんですよ。トイレの中で他の男子生徒をフェラチオしてたんです。」と言葉を続ける。「おまえのしてることはみんなわかってるんだよ。」先生はりなの行動をすでに把握しているようで、りなのおっぱいをまさぐり始めた。「そんなに男が好きなんだろ?」と下半身を触り出す。「こういうことやられたいんだろ?」と先生はりなの股間をグリグリと弄り出す。戸惑うりなに詰め寄るように男子生徒も「先生に聞かれてるだろ?何とか答えろよ。」とりなの体をまさぐり出す。「男のモノが好きなんだろ?口に咥えたりここに入れたいんだろ?」先生はりなのスカートをまくりパンティの上からオマンコをまさぐっていく。「してくれるのか?してくれるんだろ?俺らも頼むよ、気持ちよくしてくれよ。」と先生はネルとを外しズボンを脱いでしまう。「しゃがみなさい。」と促され先生の股間の前にしゃがむりな。りなは丸出しにされたチンポを手に取るとパクリと咥えていく・・・。学校でフェラチオをしているところを見られてしまった女子校生が先生と男子生徒にセクハラを受ける物語。エロ教師は女子生徒をおもちゃにし、男子生徒もここぞとばかりに女子生徒の体を弄んでいく。女優の上○Aにそっくりな美少女が白昼教室でセクハラされる様をご堪能ください。
続きはこちら

H:G:M:O