ドM淫乱娘羞恥責め|浜乃ゆい


「何に使うかわかるでしょ?」男にバイブやローター、鏡、ロープなどを見せられる浜乃ゆいちゃん。「うふ、わかんない。」はにかみながら答えるゆい。顔を赤らめながら、これから起こることに期待して気持ちが上がってきたようだ。「こっちへおいで。」と男に抱き寄せられるゆい。「スケベなんだってね?虐められたりするの好きなんだ?」と男に聞かれ、嬉しそうに「うん」と頷くゆい。「じゃあ、こういうの見てるだけで、この辺が熱くなってくるんだ?」と下腹部をまさぐっていく男。「なる」と早くも男のいうとおりに下半身が熱くなっていくゆい。男の焦れったい攻め方にもじもじしながら反応するゆい。男はスカートをゆっくりと脱がせ太股をまさぐっていく。「ん〜〜」喘ぎ声を漏らしながら感じてしまうゆい。「この辺は汗じゃないでしょう?」パンティの上から股間をまさぐる男は、ゆいの股間が熱くなっているの指先で感じる。パンティをグイッと脱がされ、お尻を揉みくちゃにされてしまうゆい。男はその手でオマンコをまさぐると、もうすっかり濡れていた。ゆいをソファーに座らせた男は「見せてごらんよ。」とゆいに足を開くように促す。恥ずかしそうにゆっくりと足を広げていくゆいに「もっと、もっと、もっと開いて。」とパックリと広げさせる。「恥ずかしいな〜。若い娘がこんなに大股を開いて。」言葉攻めでゆいの羞恥心を擽る男。「もっと見えやすいようにしちゃおうかな?」男は、ゆいの足と手をロープで縛り、M字開脚させてしまう。「見てごらん?すごい格好してるよ?」とゆいに鏡を見せる。オマンコを濡れ濡れにしてクリトリスも勃起させているゆい。男はローターを手に取ると、いよいよ直接クリトリスを攻め始める・・・。ドMの淫乱娘が徹底的に羞恥責めされてしまう作品。ゆいが、恥ずかしいながらもたっぷりと感じてしまう表情は必見。※デジタルノイズあり
続きはこちら

コメントを残す