一流アスリートへの道 〜女子校生の部活動 2〜|いぶき


練習を終え、更衣室で着替えをするいぶきちゃん。白いランジェリー姿が何ともセクシーで堪らない。デニムのミニスカに着替えるとコーチが入ってくる。「今までよく頑張ったな。いよいよ明日は最大の試練、オマンコとアナルの二穴レッスンが待っている。それまでゆっくりと体を休めておけよ。ゴールは近いぞ。」と翌日に向けて労いの言葉をかけられる。「はい、がんばります。」と意気込みを見せるいぶき。しかし「コーチにあんなこと言っちゃったけど、大丈夫かな?」と不安な一面を見せる。ロッカーに入れていたバイブを取り出し「よし、これで練習しよう。」と不安を払拭することに。まずは、ローターのスイッチを入れ、ベンチに座り足を開いていく。ローターを股間に当てると、すぐに気持ちよくなって声を漏らしてしまう。パンティをずらし、直接クリトリスにローターを押し当てていくいぶき。「あ〜、あ〜、う〜ん。」と喘ぎ声を止められず「中まで入れちゃおう。いぶきのイヤらしいオナニーを見てね。」とズブリとバイブをオマンコに突き刺していく。クッキリとワレメが丸見えのパイパンオマンコに突き刺さったバイブをズボズボと出し入れしていくいぶき。「ん〜〜、は、は、あ〜!」と快感を貪るようにバイブをピストンさせるいぶき。「あ〜、イク、イク〜」腰をグラインドさせて、ビクンビクンと体を震わせると、オーガズムへ達してしまう・・・。一流のランナーを目指してコーチと二人三脚で練習してきたいぶきが、最後の練習に挑む。相手は、今まで一流のアスリートを育ててきた二人の名コーチ。いぶきはオマンコとアナルにたっぷりとぶち込まれることに。部活動の集大成をとくとご覧ください。
続きはこちら

コメントを残す