屈辱的なオナニー 〜中出しまでされてしまうセックス〜|上原みき


男たちの部屋に連れてこられてしまった、お姉さん系美人の上原みきちゃん。ソファーに座らされ足をM字に開かされると、セクシーな黒いパンティがあらわに。ブラジャーを取られおっぱいを丸出しにされてしまう。Tバックのパンティも剥ぎ取られ、オマンコも晒されてしまう。パックリとオマンコまで広げられてしまうみき。ポラロイドカメラでパックリと開いたオマンコを撮影されてしまうみき。男はさらに携帯電話でもオマンコを広げた写真を撮影する。「自分でやってみて。」男にリクエストされオナニーをさせられてしまうみき。しかたなくクリトリスを弄り出すみき。「ちょっと開いてみ。」男に言われるままオマンコをパックリと広げるみき。そこへソーセージを擦りつけていく男。みきにソーセージを手渡すとオマンコに入れさせる。「次はこれね。」と男はみきに空き瓶を手渡す。ズブリと瓶を挿入していくみき。ズボズボとピストンさせられるみき。男はさらにみきにゆで卵を手渡し、ゆっくりと挿入させていく。「あ、いや。」みきのオマンコにスポッとゆで卵が飲み込まれていく。みきはオマンコに力を入れるが卵は出てこない。男はみきのオマンコに指を挿入し、卵を掻き出していく。男たちはみきを別室へ連れて行くと、自らのいきり勃った肉棒をみきに咥えさせていく。男はみきの頭を押さえつけ、ズボズボと喉の奥深くまで突き刺していく。苦しそうに肉棒をイラマチオさせられるみき。男はピストンを高速化させみきの喉に肉棒を突き刺していくと、ドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。男たちに屈辱的に攻められ続ける美女。最後はたっぷりと中出しまでされてしまう。ドSな方にお薦めの作品。
続きはこちら

コメントを残す