物足りないから、たっぷり愛して|松下ゆうか


「あなた〜、もう行っちゃうの?」着替えて出かけようとする男に、名残惜しそうにすり寄っていく松下ゆうかちゃん。「待って〜。そんな焦って準備しなくても、まだ時間あるでしょ?」とシャツのボタンを留めようとする男の手を止めるゆうか。「だって、もう半年も逢えないんでしょ?」と男に甘えるゆうか。「う〜ん、悪いな。半年間ちょっと家のことを頼む。」と申し訳なさそうな男。男の太股をさすりながら「寂しいなぁ〜。耐えられないよ、半年も。」と訴えるゆうか。太股を男の足に絡めていくゆうかに「昨日もそれでいっぱい愛してやったじゃないか。」と宥めようとする男。「半年だよ。あんな一回じゃ足りない。」と男の体をさすっておねだりするゆうか。「お願い・・・、たっぷり、イカせて。」と迫っていく。「半年分、いっぱいして。」と舌を絡ませていく。「しようがないなぁ〜」と男は、ゆうかのブラジャーをずらして乳首をしゃぶっていく。「こんなに濡らして・・・。」パンティの中に手を入れた男は、ゆうかのオマンコがすでにグショグショなのを確認すると、そのまま激しい手マンチョに。「あ〜、あ〜、ダメ〜。イッちゃいそう〜。」と早くも快感は急上昇。「あ、あ、イク。それ、あ〜、ダメ〜。イク〜。」とあっという間に絶頂へ達してしまう。「これじゃ足りない。」とゆうかは、手マンでは納得できないとさらにおねだり。男は「俺がいない間、これを使って寂しさを紛らわせるんだぞ。」とローターをクリトリスに押し当てていく・・・。男と離れる淋しさに欲求が爆発してしまう淫乱女。手マン、バイブ、電動マッサージ器と、何度イカされても満足できず、ついには肉棒で中出しされる。淫乱欲張り女の欲求爆発ぶりをご堪能ください。
続きはこちら

コメントを残す