私は淫乱なスケベ女です 〜大量潮吹き二穴ファック〜|甘衣かおり


「こんな風に拘束されて嬉しいのか?」セクシーな下着姿で両手を拘束されている、甘衣かおりちゃん。「そんなに好きなら、たっぷりと虐めてあげよう。」男に言われ、嬉しさを隠すように顔を背けるかおり。「おまえは淫乱な女なんだろ?」男に言葉責めされるかおりは「はい」と小さく頷き「私は淫乱なスケベ女です。」と男の目を見る。「じゃあ、たっぷりとおまえの体を弄んじゃおうかな〜」無数の男たちの手が伸びてきて、かおりの体をまさぐっていく。「あ〜、感じます。」男たちの愛撫にすぐに感じてしまうかおり。「私のイヤらしいオマンコを触ってください。」とお願いすると、男の手がオマンコを弄り出す。すぐにパンティの中が湿り出すかおり。「見てやろうか、イヤらしいオマンコを。」パンティをずらしてオマンコを晒すと、オマンコはすっかり濡れていた。クリトリスをコリコリと弄るとかおりの喘ぎ声が激しくなる。「ケツの穴までよく見せろ。」パックリと足を広げられ、アナルまで広げられてしまうかおり。オマンコにはズブリと指を挿入され、グチョグチョといやらしい音を立てて掻き回される。「ここに何か入れて欲しいだろ?」男はローターを取り出すと、クリトリスの押し当てていく。「あ〜、あ〜、あ〜、ダメ〜。イッちゃう〜〜!イク〜〜!出ちゃうよ〜〜!」かおりの快感はあっという間に上昇し、イカされてしまう。同時に、かおりのオマンコから大量の潮が噴き出してくる・・・。ドMの淫乱美人が、オマンコから大量の潮を吹きながら気持ちよくなっていく。さらに極太バイブでピストンされながら、アナルにまでバイブを入れられてしまう。男たちは、さらなる刺激に電動マッサージ器を使いオマンコを攻めていく。「もっとください〜」と快感を貪っていくかおりに、男たちは、大量のザーメンを浴びせていく。二穴ファックでオマンコとアナルを同時にピストンされ、そのまま中出しでオマンコの中までドピュドピュに。ドM淫乱美人を虐めたいフェチにお薦めする作品。
続きはこちら

コメントを残す