Gold Angel 9 ゴールドエンジェル 2|宮澤ケイト


物欲しそうな眼差しでこちらを見つめている宮澤ケイトちゃん。セクシーなランジェリー姿で迫りながら「気持ちよくなりたい。」とおっぱいを揉み始める。「ねぇ、私のイヤらしいところ見てくれる?」と足を大きく開くとオマンコを擦っていく。Tフロントパンティはほとんどオマンコが見えそうだ。「もっと全部見て欲しいの。」とパンティを一気に脱ぐと足をM字に開きながら「見て〜」とオマンコを広げていく。「もっとよく見て欲しいの」とさらにパックリとオマンコを開くとクリトリスを攻め始める。バイブを取り出しスイッチを入れるとワレメに当てグリグリと擦りつけていく。すぐにズブリと挿入するとズブズブとピストンしていく。たっぷりの愛液まみれになったオマンコに差し入れされるバイブ。「私がイクとこ見て欲しい。私がイクとこ見て〜。」とバイブのスイッチをさらに強力にすると、グリグリとオマンコをかき回していく。激しく喘ぎながら快感を貪っていくケイト。「あ〜気持ちいい〜」とピストンを早めていくケイト。「あ〜イッちゃうよ〜」と快感が上昇するたびにオマンコを締め付けていくケイト。激しくオマンコをグリグリさせながら「あ〜、あ〜」と絶頂に達してしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

Gold Angel 9 ゴールドエンジェル 1|宮澤ケイト


囚われの身の宮澤ケイトちゃん。「鍵が欲しかったら、これをしゃぶれ。」と男が肉棒をケイトの眼前に差し出す。しかたなくチンポを口に含むケイト。男は腰を振りズボズボとケイトの口の中でチンポを出し入れしていく。みるみる肉棒はビンビンに勃起していく。「こっちもしゃぶれ。」と反対側の男がチンポを差し出すとパクリと咥えていくケイト。あっという間にビンビンに勃起した肉棒。「奥まで咥えろ」とケイトの喉奥深くまで肉棒を飲み込ませていく男。男はケイトの頭を押さえつけチンポを深く突き刺していく。肉棒はケイトの唾液まみれになり、ますます堅さを増していく。2本の肉棒をしゃぶらされ続けたケイトの口も自らの唾液まみれになっている。男はケイトの頭をしっかりと押さえつけピストンを早めていく。ケイトは嗚咽しながら肉棒を深く飲み込んでいく。「ほら、イクぞ。」とケイトの口に大量に発射する。続けて2本目も激しいピストンでドピュドピュッと発射してしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

BEAUTY ANGEL ビューティエンジェル 2|宮澤ケイト


「こんにちは」と勉強を教えに来た家庭教師の宮澤ケイトちゃん。しかし、生徒はまだ家に帰ってなく、父親だけだった。「今日は妻がいないので・・・、お茶入れてきます。」とお茶を入れてくる。「息子はどうですか?」と先生に尋ねる父。「がんばってると思いますよ」と息子を褒める先生。すると父は「先生はかわいいですね。タイプなんですよ。」と口説き始める。「奥さんがいるじゃないですか?」とやんわりと話をそらす先生。しかし、「実は私もタイプなんです。」とまんざらでもないことを言ってきた。気をよくした父は先生に近づいていくとすぅーっと肩を抱き寄せた。足を触り出す父に「そんな・・・ダメですよ。」と拒もうとする先生。構わず「綺麗な足ですね」と触り続ける父。「ダメですよ。奥さんいるのに・・・。」と躊躇するが父は先生のおっぱいを揉み始めた。さらにうなじにキスをしながらスカートの奥に手を入れていく。ビクンとカラダを震わせ反応してしまう先生。「そんなことしたら、濡れちゃうよ・・・」喘ぎ声を漏らしながらケイトは自ら足を開いてしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

BEAUTY ANGEL ビューティエンジェル 1|宮澤ケイト


秘密倶楽部の舞台の上で腰をくねらせながら男たちを挑発している宮澤ケイトちゃん。スカートをまくりパンティを脱いでいく。陰毛があらわになり下から覗いている男たちには、その奥の割れ目が気になってしかたがない。ケイトは男たちの前にしゃがみ込み足を開いてオマンコを見せる。クリトリスを弄りながら足をM字に開くと男たちの眼前にパックリとオマンコが丸見えになる。次第に興奮してきたケイトはおっぱいを激しく揉み揉みしながらクリトリスも同時攻め。喘ぎ声が激しくなり「あ〜、イッちゃう、あ〜イク、あ〜イクゥー」と絶頂に達してしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O