淫乱巨乳妻 〜毎夜の誘い〜|朝丘まりん


「あなた、ねぇ〜どう〜?」セクシーなネグリジェ姿で旦那の前に現れた朝丘まりんちゃん。新聞を読んでいる旦那に「ちゃんと見てよ。」と新聞を取り上げると、旦那は繁々とまりんの姿を見ながら「透け透けじゃない。」と興奮した様子。まりんは「後ろも見て〜」とクルリと後ろを振り返り、ネグリジェを捲ると、きれいなおしりにTバックのパンティ姿が。旦那は「いいんじゃない。」と平静を装うように答える。「いい?よかった〜。ちょっと恥ずかしいけど・・・」とはにかみながら微笑む。「透けちゃってるね。」とおっぱいが透けて何ともイヤらしい。「どうしたの?そんなの買っちゃって。」と聞く旦那に「興奮しない?」とすり寄るまりん。「しないわけじゃないけど・・・」とイマイチなノリの旦那。「するんでしょ?」とまりんは旦那にキス。舌を絡ませて旦那の体を摩っていく。「あなた、服脱いじゃおう。」と旦那の服を脱がせるまりん。「今日もするのか?好きだな〜。」とあまり積極的ではない様子。「ここのところ、毎晩だな。」という旦那に「だって、したいんだもん。」と旦那の乳首を舐めていくまりん。「すご〜い。おちんちん、熱くなってるよ。」とまりんのリップ攻めに興奮して肉棒はすでにビンビンに勃起していた。まりんは、肉棒に舌を這わせて丁寧に舐めあげていく。「あ〜、気持ちいい〜。」旦那もすっかり興奮して、まりんのフェラチオに気持ちよくなっている。ジュボジュボと肉棒をしゃぶりながら「もっと奥まで咥えちゃうよ。」と喉の奥深くまで飲み込んでいく。「あ〜。気持ちいい〜。」まりんのフェラに思わず声を漏らしてしまう旦那。「わたしも気持ちよくして欲しい〜」まりんは、旦那におねだりする。旦那はまりんの巨乳を激しく揉みしだきながら、乳首を吸っていく。「もっと激しく吸って〜。」まりんは旦那にさらにおねだりしていく。旦那は指でクリトリスを攻めながら乳首吸い。「下も気持ちいい〜。」まりんは、ベッドに横たわると足を大きく開く。旦那はクリトリスをコリコリと指で攻めていく。「あ〜、ダメ〜。イッちゃう、イッちゃう、イッちゃう〜。」旦那のクリトリス攻めにあっという間にオーガズムへ達してしまう・・・。好きモノ妻が毎晩のように旦那に体を求めていく。旦那は、それに応えるべく、指、ローター、バイブ、そして肉棒で何度も絶頂へ導いてあげる。エロ巨乳妻の姿態をご堪能ください。
続きはこちら

H:G:M:O

淫乱女教師 2 〜補習授業の代償〜|朝丘まりん


生徒の親に呼び出され、生徒の自宅を訪問する、女教師の朝丘まりんちゃん。「あの、お話というのは何でしょう?」と生徒の父親に話を向けるまりん。「息子からちょっと話を聞きましてね。」言いづらそうに話を進める父親。「先生、もうわかってるでしょう?」と心当たりがあるのでは?と言われるまりん。しかし「いえ、わからないですけど・・・。」とまりんは笑顔で答える。「息子がね。全部話をしてくれたんですよ。学校であったことを。」無言で父親から視線をずらすまりん。すると畳み掛けるように「先生が誘ったらしいですね?どういうつもりなんですか?うちの大事な息子を?」と怒りをぶつける父親。「そんなんでおかしくなっちゃったらどうしてくれるんですか?」と詰め寄る父親に「すみませんでした。」と認めて謝罪するまりん先生。しかし「すみませんで済みますか?こんなことが。」と怒りは収まらない様子。「校長にも報告しましょうか?」と問題を大きくするという父親。すかさず「それは・・・やめてください。」とそこまでしないで欲しいというまりん先生。「うちの息子だけじゃないんでしょう?こんなこと。」と他の生徒にもエッチな授業をしているのでは?と詰め寄られるまりん先生。答えられずにいるまりん先生に「まったく・・・、先生だっていうのに・・・なに考えてるんですか?」と呆れてしまう父親。教育者であることの自覚を問われ、さらにミニスカートのスリットを問題視する父親。スリットから太股が覗き、生徒たちの視線が集中しそうな状態だ。しかしまりんは「普通だと思いますけど・・・」と意に介さない答え。「それのどこが普通ですか?」と若い男の前では刺激が強すぎるとの見方だ。どうやら、これが父親の怒りをさらに増殖させてしまったようだ。「そんなにヤリたいんなら、風俗でも紹介しますよ?」と完全に父親を怒らせてしまったまりん。「どうやって息子を誘ったんですか?やって見せてください。」父親は、ここで再現しろとまりんに要求。躊躇するまりんに「生徒たちの前でやったんでしょ?ここでできるでしょ?」と戸惑うまりんにさらに詰め寄っていく。「校長に報告しますよ?」まりんは観念し「それだけはやめてください。やりますから・・・。」まりんはブラウスのボタンを外していく・・・。生徒に手を出したことが父親にバレてしまい、その父親の前で恥ずかしい思いをさせられてしまう女教師モノ。スタイル抜群のセクシーな巨乳女教師が、大股開きでオナニーをさせられ、アナルまで見られてしまい、さらには、その場で生徒たちの肉棒を咥えるハメに。女教師好きには堪らない作品。
続きはこちら

H:G:M:O

淫乱女教師 エッチな補習授業|朝丘まりん


黒板に数式を書いていく、麻○久○子似の女教師、朝丘まりんちゃん。一人の生徒に数学の補習をしているようだ。まりんの体は、スーツで隠した胸が窮屈そうだ。ミニスカートからはストッキングを穿いたきれいな足が覗く。教室で催してしまったまりん先生は、服の上からおっぱいをまさぐっていく。ゆっくりとスーツのボタンを外すと、スーツの下はなんとブラジャーのみ。巨乳を包み込んでいるブラジャーのホックを外し、その巨乳を見せてくれる。ミニスカートも脱ぎ、Tバックパンティ姿に。セクシーなイヤらしいおしりに興奮してしまう。「こっちへ来て〜」生徒を呼び寄せると、まりんは生徒のズボンを脱がせてしまう。「おいしそう〜。このお口で食べちゃおう〜」と生徒のチンポを見つめている。生徒はまりん先生のエッチな体にすっかり興奮してしまい、すでにチンポをビンビンに勃起させている。パクリと咥え、ゆっくりと竿全体を愛撫していくまりん先生。「気持ちいい?」まりんは唾液で肉棒をヌルヌルにすると、巨乳でチンポを挟み込んでしまう。「おちんちんの硬さがおっぱいに伝わってるよ。」パイズリでチンポをピストンしていくまりん先生。さらにパクリと咥えて激しいピストン。手コキも加えて生徒のチンポを激しく攻め立てる。ジュボジュボとエッチな音が教室中に響き渡ると「あ〜」と生徒は限界を訴える。まりんは舌を出して待ち受けると、生徒はドピュドピュッと口内にザーメンを発射してしまう・・・。こんなエッチな先生がいたら堪らないというセクシーボディの淫乱女教師。勉強だけでなく、特別な「エッチな補修」もしてくれちゃうという、男の願望をたっぷりと満たしてくれる作品。
続きはこちら

H:G:M:O

墜ちた女教師 〜ソープ嬢からストリッパーへ〜|朝丘まりん


「先生よう、今から俺を客と見立てて、覚えたとおりちゃんとやれよ。」事情があってソープランドでアルバイトをすることになった女教師の朝丘まりんちゃん。麻○久仁子似の美人まりんは「はい。」と元気に答えバスローブの紐を解く。黒いシースルーのキャミソールが何ともセクシーで堪らない。「頼むよ。先生〜。」といきなりおっぱいを激しく揉み揉み。バスローブを脱ぎ、まずは挨拶から。三つ指をついてお客に挨拶する。「いらっしゃいませ。失礼します。」と男のズボンを脱がせるまりん。パンツも下ろしチンポを丸出しにすると「失礼します。」と即尺。チンポはみるみると大きくなり勃起していく。ジュボジュボとエッチな音をさせながら気分を盛り上げるまりん。「では、お風呂の方へどうぞ。」バスタブへと促すと「湯加減はどうですか?」と男を気遣う。再び「失礼します。」と潜望鏡。手コキを加えながらジュボジュボと吸い上げていく。喉の奥深くまで肉棒を飲み込んでいくまりん。バスタブから上がるとシャワーで男の全身を流しソープで体を手洗いしていく。自分の体にもシャンプーを塗り「失礼します。」とボディ洗い。まりんの巨乳が男の体を滑っていく。男の腕をたわわな巨乳で挟みながら洗い、背中も巨乳を滑らせていく。男の腕を股間に通しズルズルと滑らせたわし洗い。男の腕がまりんのオマンコに擦られていく。さらに男の指をオマンコに挿入し壺洗い。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうまりん。いったん体を流した後、マットを準備しマットプレイへ。ローションをたっぷりと体に塗ると、まりんは体を滑らせていく。「どうですか?」ヌルヌルとまりんの体が気持ちいい男。仰向けにすると股間を中心に巨乳を滑らせるまりん。「また堅くなってきてますよ。」堪らず勃起してしまう肉棒。ビンビンのチンポがまりんの巨乳に当たりまりんも興奮してくる。まりんは騎乗位になると素股で男の肉棒を刺激していく。手コキも加えながらチンポは刺激され気持ちよくなっていく。「あ〜すごい。」まりんはパイズリと手コキを激しく繰り返すと、堪らず男は我慢の限界に。「あ〜、イクッー!」ドピュドピュッと発射してしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

淫乱女教師 恥辱の肉体面接|朝丘まりん


タイトスカートに白いブラウス姿が何ともそそる、麻木久○子似の女教師、朝丘まりんさん。とある喫茶店で男たちと待ち合わせをする。「先生、こっちこっち。」と先に到着していた男に手招きをされ席に座る。「あなたが先生か。話は聞いているよ。」とすでに内容は聞いていると言わんばかりの男。「俺らがお店で使えるかどうかチェックするよ。」と面接をするという男。「チェックですか?」と何をされるのか不安顔なまりん。男はまりんの体を舐め回すように見ながら「いい胸してるな?」とまりんの巨乳に気がついた。「何カップあるんだ?」とずばり聞く男に「答えなくちゃいけないですか?」と戸惑うまりん。「先生のことをよく知っておかないと店で使えないんだよ。」とあくまでも面接の一環だという男。「Gカップですけど。」しかたなくぶっきらぼうに答えるまりん。「ほら、見せろよ。」と要求する男に「ここでですか?」と躊躇うまりん。「そうだよ。誰も来ないよ。」と他に客のいない喫茶店だからとまりんを促す。ため息をつきながらしかたなくブラウスのボタンを外し始める。「ほら、もっと広げて見せろよ。」ブラウスを広げてブラジャーをよく見せろという男。ブルルンとした巨乳がブラからはみ出しそうだ。男はブラの上からおっぱいをまさぐり出す。「どんなチェックなんですか?」と男たちの行動に疑問を感じるまりん。「感じるかどうかさ。チェックしないとダメなんだよね。」とさらにおっぱいを揉んでくる男。「そこに立ってください。体の隅々まで見たいからさ。」とまりんを脇に立たせると「俺らでいろいろチェックしないといけないから。」と体をまさぐり出す男たち。「イヤだ。」と感じてしまうまりん。思わず声を漏らしてしまうまりんのブラをずらしおっぱいを丸出しにしてしまう男たち。「胸は感じるんですか?先生。それは重要なんだよね?」と乳首をコリコリさせながらまりんの反応を確かめる男。「感じます・・・。」と喘ぎ声を漏らしながら答えるまりん。男たちに乳首舐めに我慢できないまりん。まりんの巨乳は、吸われ、揉まれまくり、すっかり男たちの言いなりになってしまう。「下はどうなんだ?」スカートをまくられパンティが丸見えになった状態に「恥ずかしい。」と足を閉じようとするまりん。「ここはよく調べないといけないんだよ。」とクリトリスを指で弄り出す男。堪らず激しく声を出してしまうまりん。「あ〜、ダメ、ダメ〜」とふらつきながら感じてしまうまりん。「おしり突き出せ。」四つん這いにされたまりんは男たちにパンティを脱がされてしまう。「いいおしりしてるな。」男たちのエッチな面接が本格的に続いていく・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

むっちり淫乱悶絶熟女まりん|朝丘まりん


むっちむち爆乳お姉さん、朝丘まりんちゃんが登場です!どんどんエロエロに成長してゆく、まりん姉さん!今回はスケベなランジェリーを身に着けて生でヤリまくっちゃいます!積極的に男にまたがりパンツからチンポをいやらしく出してペロペロ!!ローター&バイブの玩具責めでは恍惚な表情になるほど感じまくり!!ハメでは生中でファッキング!!マジで注目ですよ♪
続きはこちら