Temptation Lady テンプテーションレディ 2|来栖りお


セクシーなシースルーランジェリー姿でダイナマイトなボディを見せてくれる来栖りおちゃん。ソファーに座りブラジャーの上からおっぱいをまさぐっていく。首のひもをスルリとほどき、ブラが滑り落ちるとブルルンとした巨乳がプルンとあらわに。指を舐めて乳首をコリコリ。両手でおっぱいを揉みしだく。表情が艶やかになりゆっくりと足を開くとパンティの中に手を入れていく。指先が割れ面をかき分けるように食い込んでいく。中指がスルリとワレメに滑り込む。Tバックパンティを一気に脱ぐとローターを取り出したっぷりと唾液で濡らしていく。中指はクリトリスを攻め、ローターは乳首を攻める。ローターを下半身へと滑らせ、オマンコをパックリと開くとクリトリスにローターを押し当てていく。堪らず喘ぎ声が漏れ出し、カラダをビクンと震わせて感じてしまう。極太バイブを取り出しスイッチを入れると、乳首に押し当てていく。バイブの振動が乳首を刺激しカラダが反応する。バイブはりおのカラダを滑り降り、開かれたオマンコにズブリと挿入される。りおは体制を変えると、突き刺したバイブをズボズボと出し入れしていく。バイブの刺激はりおのカラダを襲い、激しく感じてしまう。仰向けになり足を大きく開くと再びズブリとバイブを挿入していく。オマンコからは愛液が大量に溢れ出てバイブをヌルヌルにしてしまう。快感を貪っていくりおは「あ、あ、イクッ。」と絶頂へ達してしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

Temptation Lady テンプテーションレディ 1|来栖りお


落ち着いたお姉さん系美人の来栖りおちゃん。裸で横たわる男の乳首を舐め始めていく。チロチロとゆっくりとした攻めだ。りおの全身リップ攻めに男は体をビクンと震わせて反応してしまう。りおがキャミソールを脱ぐと、プルルンとした、たわわな巨乳があらわに。すっかり膨らんだ男のパンツを脱がせると、その巨乳で挟み込んでいく。さらに丁寧に袋を舐め上げ、カリをパクリと咥え出すりお。深いストロークを繰り返すとあっという間にビンビンに勃起していく。ジュボジュボとエッチな音を立てて、肉棒を飲み込んでいくりお。手コキも加えながらのフェラチオにチンポは悲鳴を上げそうだ。りおがピストンを速めていくと男は呼吸を荒くして反応してしまう。裏スジを舐めながらの手コキに、男は堪らず喘ぎ声を漏らす。「あ〜出そうだ。」男が限界を訴えるとりおは激しくスパートする。「あ〜イクよ。」ついに我慢の限界に達した男は、ドピュドピュッとりおの口内にザーメンを発射してしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

プラチナ Vol 12|来栖りお


デビュー後爆発的な人気を得る。巨乳や痴女、淫乱キャラを生かしてAV女優の人気街道をひた走っ てきた超人気美女来栖りおが壮絶な淫乱ぶりと初の美マン全開で愛液垂れ流しまくりながらの激しいファックを魅せ付け る!
続きはこちら

Real Dutchwife リアルダッチワイフ 2|来栖りお


「今日はオナニーが見たいんだよね。」とご主人様がリクエストすると「はい、わかりました。私がイクところを見てください。」と答えるダッチワイフの来栖りおちゃん。パンティ一枚姿でソファーに座っているリオを立たせ後ろからおっぱいを鷲掴みしていくご主人様。乳首をコリコリさせるとりおがすぐに感じて反応する。「さあ、足を広げるんだ。広げなさない。」といわれ、足を広げるりお。後ろから股間に手が伸びてきてパンティの上からオマンコを弄るご主人様。カラダを悶えさせながら感じてしまうりお。「直接触ってあげようね。」とパンティの中に手を入れると、激しくオマンコを攻めていくご主人様。喘ぎ声を漏らしながら感じてしまうりお。「これで終わりじゃないよ。」とローターを取り出しスイッチを入れると「さあ、しっかり立ってるんだよ。」とローターで乳首を攻め始めていく。ローターの刺激が堪らないりおはカラダをくねらせながら感じてしまう。ご主人様はローターを股間に押し当てクリトリスを攻めていく。ビクンとカラダを反応させてしまうりおに「立ってられないかい?」とパンティの中にローターを入れ、クリトリスのあたりで固定してしまう。「でもこれだけじゃないんだよ。」と両手を固定されてしまうりお。乳首を激しく舐め始めるご主人様。乳首攻めにクリトリスローター攻めと次々と快感がりおを襲う。「さあ、今度は自分でやってイクところを見せるんだ。」といわれたりおはソファーに座り大きく足を広げていく・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

Real Dutchwife リアルダッチワイフ 1|来栖りお


グラマラスなダッチワイフの来栖りおちゃん。このダッチワイフで「今日はなにをしようかなぁ?」と思案中の男。「今日は何をしましょうか?」とご主人様に問いかけるりお。「ご飯も食べたことだし、とりあえずかたづけてくれるかな?」とりおに伝える男。「はい、わかりました。」と早速片付けをするりお。セクシーなTバックパンティ姿にエプロンを着けただけのエロい姿に片付けを見守る男は興奮気味。思わずプリンプリンのお尻を触りだし「相変わらず、いいカラダしてるな。」とおっぱいを鷲掴みにして激しく揉み揉み。すっかり興奮した男は「とりあえず、抜いてくれるかな?」とズボンを一気に脱ぎ捨ててソファーに横たわると「はい。」とりおは男の股間へ。両手で股間の膨らみをマッサージするように丁寧に揉んでいく。「そこ、もっと触ってよ。」とさらに揉み揉みをリクエスト。「直接触ってもらおうかな?脱がせてよ。」とパンツを脱がせてもらう。りおはチンポを下から上へと舐め上げながら舌先を這わせていく。「あ〜」と喘ぎ出す男。カリをパクリと咥えると肉棒はみるみる大きくなりビンビンに勃起する。「僕の方を見て舐めて。」とおねだりすると、りおは妖艶な眼差しで男を見ながらジュボジュボとピストンしていく。「あ〜、いいよ〜。いろいろやってみて。手で扱いたりとか・・・。」と手コキも加えてとおねだり。袋まで丁寧に舐め、再びカリをぱくり。「あ〜気持ちいいよ〜」とますます感じていく男。「エプロンを取って、おっぱいで挟んで。」とパイズリをリクエスト。りおは巨乳にチンポを擦りつけながら挟み込んでいく。「あ〜、もうイキそうだからさ、お口でイカせてくれる?」ジュボジュボと激しいピストンに男の我慢は限界に。「あ〜」とそのまま口内に射精してしまう。「お口に中を見せて。じゃあ、そのまま飲み込んで。」とりおは男の欲望をゴクリと飲み込んでしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O