淫乱人妻OL 〜社長に見られてしまった情事・・・そしてセクハラお仕置きへ〜|松下ゆうか


「もっと近くに来て〜」男性社員たちを自分の近くに引き寄せる、人妻OL上司の松下ゆうかちゃん。男性社員に向ける視線が何ともイヤらしい。男たちもゆうかのおっぱいをまさぐりだし、ゆうかの誘いに乗っていく。「あ〜、主任〜。」あこがれの主任とエッチなことができると、男たちは興奮していく。一方、上司のゆうかも「嬉しいわ〜」と夫のいない淋しさを紛らわせるために、嬉しそうに舌を絡めていく。男たちはズボンを脱ぐと、股間はすでに大きく膨らんでいた。「二つともちょうだい〜」ゆうかは、男たちの間にしゃがむと、パンツを脱がせて2本の肉棒を取り出していく。パクリとチンポを咥えるとジュボジュボとピストン。もう1本の肉棒はシコシコと手コキしていく。「先っぽ、気持ちいい?」とおいしそうにチンポをしゃぶるゆうか。「あ〜、あなたのもすごい堅い〜。若いおちんちん大好き〜」と若い肉棒にむしゃぶりついていく。ゆうかのフェラチオと手コキで男たちの肉棒はビンビンに勃起してしまう。「あなたもしてあげる。」と代わる代わるチンポを咥えていくゆうか。「今度は私のも攻めて〜」ゆうかが男たちに体を委ねると、男たちは、おっぱい攻めとクンニ攻めでゆうかの性感帯を襲う。「オマンコもグチョグチョにして〜」男の舌先がゆうかのオマンコを激しく攻める。「あ〜、それ、興奮しちゃう〜」すっかり若い男たちの虜になったゆうかは、オフィスで大胆に乱れていく・・・。そこへ、オフィスに社長が入ってきてしまう。「やっぱりこういうことだったのか?」残業時間が長いゆうかのこと怪しんでいたという社長。「あとで、私の部屋へ来なさい」ゆうかは社長から呼び出しを受けてしまう。社長室へ呼ばれたゆうかは、残業代を不正に取得していたことで、社長から恥ずかしい叱責を受けることになってしまう。弱みを握られたOLが社長と専務からエッチなおとがめを受けてしまう物語。セクハラ好きには堪らない作品。
続きはこちら

H:G:M:O

欲求不満な人妻OL 〜夫がいない間に、職場の若い社員を身代わりに〜|松下ゆうか


オフィスで仕事をしている人妻の松下ゆうかちゃん。ふと時計を見ると退社時間になっている。ゆうかは、オフィスにいる男性社員に「あなたたちも上がっていいわよ。」と退社を促す。すると、一人の男性社員が「主任〜、たまには一緒に飲みに行きましょうよ。」とゆうかを誘う。「何言ってるの〜」とやんわりと断ろうとするゆうかに「そうですよ〜、俺、主任とヤリ・・・飲みたいですよ。」と口を滑らせながらも、飲みに行きたいと訴える。「ホント、困る〜」と言うゆうかに「おいしい店を見つけたんですよ〜。」と食い下がる男性社員たち。「もう、忙しいんだから、人妻を簡単に誘っちゃダメよ。」と窘めるゆうか。それでも食い下がろうとする男性社員たちに「若い子たちを誘ったらどう?」と自分よりもお似合いの子たちの方を薦めるゆうか。「主任と親睦を深めたいんですよ〜」とあくまでゆうかを誘いたいという男性社員たち。「ともかく、まだ仕事が残ってるんだから、またね。」と、ゆうかは、いったん席を外してしまう。名残惜しそうな社員たちを尻目に、女子更衣室へと移動したゆうかは、自分のロッカーから電動バイブを取り出す。夫が海外出張で、体は欲まみれなゆうか。お酒を飲んだら理性が飛んでしまう、と男性社員たちとの飲み会を断ったのが真相だったゆうか。しかし、その欲望は止められず、こっそり社内でオナニーをしていた。若い男性社員の硬いおちんちんが、オマンコを激しく突いている姿を想像してオナニーしているという。主任という立場のストレスが、ここでオナニーすることで解消されるという。バイブをたっぷりと舐め、ヌルヌルにすると、ブラウスのボタンを外し、ブラジャーをずらしていく。たわわなおっぱいが露わになり、激しく揉み拉きながら、ゆっくりと足を開いていく。パンティの中に手を入れ、オマンコを刺激。すぐにパンティを脱いでオマンコまでパックリと露わにしてしまう。グリグリとクリトリスを刺激すると、堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうゆうか。ヌルヌルのオマンコにズブリと指を入れグジョグジョと掻き回していく。エッチな音が女子更衣室内に響き渡る。「あ〜、イク。あ〜、あ〜あ〜あ〜〜〜!」快感が一気に上昇し、絶頂へ達してしまう・・・。さらに満足するため、再びバイブを濡らすと、スイッチを入れワレメをグリグリ。そしてゆっくりとオマンコへ挿入していく。再びオーガズムへ達し、給湯室で洗い物をしていると、若い男性社員が「エッチがしたいです。」と抱きついてきた。「エッチは、ダメよ〜。気持ちよくさせてあげるから・・・」と興奮する社員を宥めるように、ズボンを下ろしていく。パンパンに膨れあがったパンツを愛撫しながら「感じてるの?」と自分も興奮していく。「すごい大きい。」社員のパンツを下ろすと、既にビンビンに勃起した肉棒を見て、ますます興奮してしまうゆうか。肉棒をパクリとしゃぶると、ジュボジュボとピストンしていく。夫のいない淋しさを紛らわせるように、若い社員の肉棒を食べてしまう人妻OL。禁断のオフィスラブが止まらなくなる・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

物足りないから、たっぷり愛して 〜完全版〜|松下ゆうか


セクシーなOL系お姉さん、松下ゆうかちゃん。朝、夫が仕事に出かけるために準備していると「あなた〜、もう行っちゃうの?」名残惜しそうにすり寄っていくゆうか。「待って〜。そんな焦って準備しなくても、まだ時間あるでしょ?」とシャツのボタンを留めようとする夫の手を止めるゆうか。「だって、もう半年も逢えないんでしょ?」と夫に甘えるゆうか。「う〜ん、悪いな。半年間ちょっと家のことを頼む。」と申し訳なさそうな夫。夫の太股をさすりながら「寂しいなぁ〜。耐えられないよ、半年も。」と訴えるゆうか。太股を夫の足に絡めていくゆうかに「昨日もそれでいっぱい愛してやったじゃないか。」と宥めようとする夫。「半年だよ。あんな一回じゃ足りない。」と夫の体をさすっておねだりするゆうか。「お願い・・・、たっぷり、イカせて。」と迫っていく。「半年分、いっぱいして。」と舌を絡ませていく。「しようがないなぁ〜」と夫は、ゆうかのブラジャーをずらして乳首をしゃぶっていく。「こんなに濡らして・・・。」パンティの中に手を入れた夫は、ゆうかのオマンコがすでにグショグショなのを確認すると、そのまま激しい手マンチョに。「あ〜、あ〜、ダメ〜。イッちゃいそう〜。」と早くも快感は急上昇。「あ、あ、イク。それ、あ〜、ダメ〜。イク〜。」とあっという間に絶頂へ達してしまう。「これじゃ足りない。」とゆうかは、手マンでは納得できないとさらにおねだり。夫は「俺がいない間、これを使って寂しさを紛らわせるんだぞ。」とローターをクリトリスに押し当てていく・・・。夫と離れる淋しさに欲求が爆発してしまう淫乱女。手マン、バイブ、電動マッサージ器と、何度イカされても満足できず、アナルバイブまで。ついには肉棒でたっぷりとピストンされた後、中出しされる。淫乱欲張り女の欲求爆発ぶりをご堪能ください。
続きはこちら

H:G:M:O

物足りないから、たっぷり愛して|松下ゆうか


「あなた〜、もう行っちゃうの?」着替えて出かけようとする男に、名残惜しそうにすり寄っていく松下ゆうかちゃん。「待って〜。そんな焦って準備しなくても、まだ時間あるでしょ?」とシャツのボタンを留めようとする男の手を止めるゆうか。「だって、もう半年も逢えないんでしょ?」と男に甘えるゆうか。「う〜ん、悪いな。半年間ちょっと家のことを頼む。」と申し訳なさそうな男。男の太股をさすりながら「寂しいなぁ〜。耐えられないよ、半年も。」と訴えるゆうか。太股を男の足に絡めていくゆうかに「昨日もそれでいっぱい愛してやったじゃないか。」と宥めようとする男。「半年だよ。あんな一回じゃ足りない。」と男の体をさすっておねだりするゆうか。「お願い・・・、たっぷり、イカせて。」と迫っていく。「半年分、いっぱいして。」と舌を絡ませていく。「しようがないなぁ〜」と男は、ゆうかのブラジャーをずらして乳首をしゃぶっていく。「こんなに濡らして・・・。」パンティの中に手を入れた男は、ゆうかのオマンコがすでにグショグショなのを確認すると、そのまま激しい手マンチョに。「あ〜、あ〜、ダメ〜。イッちゃいそう〜。」と早くも快感は急上昇。「あ、あ、イク。それ、あ〜、ダメ〜。イク〜。」とあっという間に絶頂へ達してしまう。「これじゃ足りない。」とゆうかは、手マンでは納得できないとさらにおねだり。男は「俺がいない間、これを使って寂しさを紛らわせるんだぞ。」とローターをクリトリスに押し当てていく・・・。男と離れる淋しさに欲求が爆発してしまう淫乱女。手マン、バイブ、電動マッサージ器と、何度イカされても満足できず、ついには肉棒で中出しされる。淫乱欲張り女の欲求爆発ぶりをご堪能ください。
続きはこちら

H:G:M:O

パイパンオマンコ&アナル バイブ地獄調教|松下ゆうか


スケスケのセクシーランジェリー姿でソファーに横たわる松下ゆうかちゃん。そこへ男たちの手が伸びてきておっぱいをまさぐり出す。足を開かされ、股間にも男の手が伸びてくる。じっくりと焦らすように弄り出す男たちの手に、ゆうかは堪らず感じて喘ぎ声を漏らしてしまう。「あ〜気持ちいい〜」思わず声を上げてしまうゆうか。男がパンティをめくろうとすると「あ〜、いや〜。」と声を上げるが、男は構わずパンティをめくってしまう。陰毛のないきれいなパイパンオマンコがあらわになり、男の指がパックリとゆうかのオマンコを広げてしまう。男は指でクリトリスをグリグリと攻めていく。「あ〜、気持ちいい〜。」男の指攻めに堪らず声を上げるゆうか。男は織あっクリとビラビラを開くと、股間に顔を埋めていく。露出したクリトリスに舌を這わせ、ベロベロとクンニしていく。「あ〜、気持ちいい〜。」男のクンニに声を上げて反応してしまうゆうか。男は、再び指でオマンコを攻めるとズブリと突き刺してしまう。「あ〜〜。」ズボズボと出し入れされるたびにゆうかは喘ぎ声を漏らす。男は、ゆうかのオマンコに大量のローションを垂らすと、ヌルヌルとオマンコを攻め続ける。ローションがゆうかの感度を上昇させ、絶叫してしまう。オマンコとアナルをヌルヌルにした男は、二本の指をオマンコとアナル同時に挿入してしまう。「あ〜〜、だめ〜〜〜。」ズボズボと出し入れされるたびに、ゆうかは絶叫する。男がアナルバイブを取り出すと「あ〜、無理無理無理〜。」と抵抗するが、ゆうかのアナルは簡単に飲み込んでしまう。男は、さらに極太バイブを取り出すと、スイッチを入れズブリとオマンコに突き刺してしまう。「あ〜〜〜。大きい、おっきい〜。」絶叫するゆうかに2本のバイブが突き刺さる。男が2本のバイブをピストンさせると「あ〜、動かさないで〜。」あまりにも気持ちよすぎたゆうかは「いやぁ〜。あ〜、気持ちいい〜〜。」と快感を貪っていく・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

グラマラス淫乱ボディ|松下ゆうか


グラビア系のナイスボディ、松下ゆうかちゃん。かぶりつきたくなる体に男の手が忍び寄る。太ももを触り、ゆっくりとミニスカートの中へ。後ろからパンティが丸見えになり、男は股間を弄り出す。男の指が割れ目を刺激すると堪らず「あ〜ん、気持ちいい〜」と声を漏らしてしまう。男はさらに後ろから手を胸元に入れていく。豊満なおっぱいを揉み揉みして、乳首をコリコリと刺激する。ゆうかは、またも感じてしまい激しく喘ぎ声を漏らす。「あ〜気持ちいい。」ゆうかの服はまくられ、ブラジャーからおっぱいが丸見えになる。男は巨乳をさらに弄り、ゆっかはすっかりその気になってしまう。足を開かせ、白いパンティの上からクリトリスをめがけて指で弄っていく。クリトリスを刺激されたゆうかは声を上げて反応する。男はパンティを一気に脱がせると再び足を開かせる。するとゆうかのオマンコは、なんともきれいなパイパンだった。男はゆうかのオマンコに指を滑らせクリトリスを刺激する。さらに、股間に顔を埋めて舌先でクリトリスを刺激。「あ〜、イクイク〜。」ゆうかは堪らず、あっという間に絶頂へ達してしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

大人の女の魅力がすべてつまったゆうかの不倫セックス|松下ゆうか


女の色気溢れる素敵な美女、今回はムッチリボディが男の本能をソソル松下ゆうかちゃんが登場!!転勤により半年間会えなくなってしまう不倫カップルの設定で深く深く愛し合ったセックスを展開していきます。「そんなに早く準備しなくていいじゃん!」とか甘えながら、アクメ開始!!スタンダードなプレイですが、押さえ所はキッチリ押せてあり興奮必至!!
続きはこちら