ENCORE Vol.15 感じ過ぎちゃう猥らなカラダ D|浅乃ハルミ


「最後は、みんないっぱい気持ちよくなっちゃいますか。」と男たちに激しくキスをされる浅乃ハルミちゃん。全身が性感帯で触られるとすぐに感じてしまう敏感女だ。男は足を開かせパンティwの上からクリトリスを目掛けて攻撃していく。「あ、あ、そこ、そこ」とすぐに感じてしまうハルミ。パンティをめくってオマンコをさらけだすと、すでにぐっしょりと愛液で濡れていた。上半身と下半身を同時に攻められ、「あ〜ん、気持ちいい〜」と激しく感じていくハルミ。男たちもハルミの敏感なカラダに反応し、チンポはビンビンに勃起している。ハルミの口に肉棒を差し出すとペロペロとカリを舐め出す。同時にオマンコはクンニと指マンで激しく攻められる。男の激しい手マンチョに「ダメ、ダメ、ダメ〜」とグチョグチョと潮を噴いてしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

ENCORE Vol.15 感じ過ぎちゃう猥らなカラダ C|浅乃ハルミ


「何でこんなことするんですか?」と手錠を嵌められていることに不満の浅乃ハルミちゃん。「だって約束破りましたよね?」と男がハルミにいう。前回、どんなに気持ちよくても声を出してはいけないという約束を破ったからだと説明する。「声出してないもん。」とかわいく言うハルミだが、「声出てましたよ。だから罰ゲームです。」と男は羽のついた棒でハルミのカラダを弄りだした。「足を開いてください。」とハルミに足を開かせると、太股から股間にかけて羽根で弄り出す。「あ〜、イヤ、イヤ〜」と声を出すが男は止めない。しかも「物足りないですか?」とスカートを脱がせ、股間を羽根攻めし続ける。さらに服をまくりたわわなおっぱいを露出させると、乳首に羽根攻めしていく。全身が性感帯のハルミのカラダは敏感に反応してしまう。しかし、男はハルミの反応が物足りなく、電動マッサージ器を取り出しオマンコに押し当てていく。電マの振動にさすがに堪らなくなってしまったハルミは、すぐに「あ〜イッちゃう、イッちゃう〜」と喘ぎ出す。男は簡単にはイカせず、電マを止め焦らす。何度もイキそうになるがそのたびに止められてしまうハルミは、男に「イキたい〜」とおねだり。男は「そんなにイキたいなら自分でイッてみて。」とオナニーをさせる・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

ENCORE Vol.15 感じ過ぎちゃう猥らなカラダ B|浅乃ハルミ


本当に敏感すぎるカラダであることが実証されてしまった、浅乃ハルミちゃん。今回は更なる試練を与えられてしまう。「どんなに気持ちよくても、声を出してはいけません。」声を我慢しなくてはならないと聞いて「え〜、無理。」と早くも自信のない様子。そこへワイルドな男が現れ、ハルミのうなじを愛撫し始めた。すぐに声を出してしまうハルミに、「声が出ちゃってますよ。」と忠告する。必死に我慢しようとするハルミの服をまくり、ブラから乳首を露出させる男。ジュルジュルと激しい乳首舐めにハルミは激しく感じてしまう。男のリップ攻めが脇腹から下半身に移り、同時に指がクリトリスを攻めだした。四つん這いにされ、お尻を高く突き上げられてしまったハルミのTバックを一気に脱がせると、すでに恥ずかしいくらいに濡れているオマンコがあらわに。男はオマンコをパックリと開きアナルから割れ目まで丁寧にクンニしていく・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

ENCORE Vol.15 感じ過ぎちゃう猥らなカラダ A|浅乃ハルミ


生物学的に、男の10倍のエクスタシーを感じるといわれている、女のカラダ。しかし、その神秘現象の理由は、未だ解明されていない。そのカラダを解明しようと浅乃ハルミちゃんが挑む。ガマンできないくらいに気持ちいいというハルミ。その言葉が嘘でないか確かめたいと、男がハルミのうなじを愛撫し始める。すぐに敏感に感じてしまい、カラダをくねらせてしまうハルミ。カラダを弄られながらインタビューはさらに続き、しっかり答えるようにいわれる。しかし、ハルミは名前を聞かれてもしっかり答えられず、ボディサイズを聞かれても、やっとの事でB91W58H83のナイスボディだと明かす。その間、男はハルミの巨乳を揉み続けていた。Tシャツをまくりブラジャーをすらすと、乳首があらわになり、男はコリコリと弄り出す。ハルミは気持ちよくてすっかり何も考えられなくなっている。ホットパンツを脱がされ、パンティ姿で足をM字に広げさせられると、割れ目の中心をゆっくりと男の指が上下していく。男の指が激しく動き出すと、ハルミの喘ぎ声はさらに激しくなっていく。男はさらにローターをクリトリスに押し当てていく・・・。
続きはこちら

H:G:M:O