127分スペシャル企画 綺麗なかわいいララちゃんスペシャル! ハメ撮り、乱交、オナニー、りょうじょくプレイてんこ盛りッス!|瑞樹らら


 この業界にこんなキレカワな女の子がいたのか! と驚いてしまったオイラでしたが、本当にララちゃんはいいですね。昔付き合っていた歌舞伎町のキャバ嬢に似てて、思わずニンマリしちゃいました。でも残念ながらハメ撮りはお兄さんに横取りされちゃったので、おとなしくしてました。今回は、ララちゃんSPECIAL、127分ララちゃんをタップリ堪能できます。まずはお兄さんとララちゃんのハメ撮り、小悪魔チックなワンピがメチャクチャかわいいです。そんなララちゃんの部屋に彼氏がやってきたという設定で、彼氏目線でのハメ撮り企画です。いつものハメ撮りとは違って、まるで自分がララちゃんの彼氏になったような感じです。オナニーでは、ララちゃんの魅力タップリで、本気で感じちゃってます。まさに最高のオカズです。さらには、男3人に「りょうじょく」されるララちゃん、かわいい顔にタップリザーメンをぶっかけられうれしそうな顔がたまりません。最後は、ララちゃん乱交3P。いつもとは違うシチュエーションに火が付いちゃったのか、仕事を忘れてガチマジで感じまくってます。いい女のSEXはいいですねぇ〜。もちろん、フィニッシュは全部中出しです!
続きはこちら

AV大好きな長身美人単体女優さんのアナルに指入れて中出ししちゃった編|瑞樹ララ


 ついに呼んじゃいました〜♪。あの単体女優の瑞樹ララちゃんと念願のSEXをしちゃいましたよ〜。さすが単体女優だけあっていい女です。背も高いしスタイルもいいし、声もいい! ギャラは破格のお値段でしたが、中出しできれば安いもんですよ。 さすが開発された身体は反応かいいですねぇ。ちょっと触っただけでピクピク。やっぱりいい女は金がかかりますが、最高の中出しができましたよ〜♪
続きはこちら

セクハラ会社訪問 〜入社試験はイクまで終わらない〜|瑞樹ララ


女子大生の瑞樹ララちゃん。現在就活中だが、就職氷河期でがんばらないといけないという。今日はOB訪問である会社を訪問した。応対してくれたOBの先輩から、いろいろ話を聞くにつれ、この会社に入りたいと思うララ。しかし、今イチ自信がない様子。OBは、ララから他の会社訪問はしていないと聞かされ、何とかしたいと力になろうとする。そこで肝心のララに本当にその気があるのか?本気度を聞きたいと、簡単なテストをしてみないか?と提案する。ララは、このテストの結果によっては人事部に推薦してくれるというOBの言葉を信じてテストを受けることに。OBはおもむろにズボンとパンツを脱ぎチンポを丸出しにする。OBの行動に戸惑いを見せるも「フェラチオをうまくできる子は仕事もできるから。」と最初のテストにフェラチオを要求される。眼前にチンポを差し出され「いいの?うちの会社には入れなくて?」と迫られ「入りたいです。」とララはパクリとチンポを咥えていく。チンポはみるみる大きく勃起するもOBは「なんか気持ちが入ってないなぁ・・・」とさらに激しいフェラチオをリクエスト。懸命にジュボジュボとピストンを繰り返すララに「ちょっと、上を脱いでみようか?」とブラウスを脱ぐようリクエスト。ボタンを外しブラジャーが見えると「いいね。結構ポイント高いよ。」とおっぱいを揉みながら興奮していく。再びチンポを咥えさせるOB。「もういいですか?」とテストの終了を促すララに「なに言ってるんだ?これが実質的な試験だよ。この結果によって篩にかけられるんだから。おまえの誠意はこんなものなの?」とまだ試験は終わらないとOB。ララはパクリと肉棒を咥えるとジュボジュボと気持ちよくさせていく。のどの奥深くまでチンポを飲み込まされるララ。「これって、イクまでやるんですか?」と質問するララに「当たり前でしょ?逆にイカせられなかったら・・・。」と暗に入社できないことをほのめかすOB。ララは激しく肉棒をしゃぶり必死にOBをイカせようとする。ララの本気のフェラチオにOBも堪らず喘ぎ声を漏らしていく。「気持ちいいぞ〜」OBは自ら腰を振り肉棒を出し入れしていく。「いいか?出すぞ、このまんま・・・。」と一気に快感が上昇しOBはララの口内にドピュドピュッと発射してしまう・・・。
続きはこちら

H:G:M:O

究極ネトラレストーリー|瑞樹ララ


親友さとしの家でゲームにふける男、田中。「てか、おまえさあ、いつも俺んちでたむろってるよな。いつになったら家に帰るんだよ。」とすこしうんざり気味のさとし。「俺出かけるからさ・・・」と暗に帰れと促すが「じゃあ、待ってるよ。」とさとしの帰宅まで待っているという田中。あきれながら出かけていくさとし。田中はゲームにも飽きてしまい、部屋にパソコンがあることに気づく。「インターネットでもやるか。」とパソコンを立ち上げると「これ・・・エロサイトじゃないのかな?」と画面に食い入るように見ている。「おお!すごい、丸見えじゃないか・・・」と無修正の映像を見ながら興奮していく。「おお、すごい。顔にかかってる。いいな。」と自分の股間をまさぐりながらますます興奮していく田中。すると「ララ?」と書かれた画像フォルダを見つけた。「これ・・・あいつの彼女じゃん。こんなの撮ってるのか・・・」と親友の彼女だと気づく。画像ファイルを見ながら親友の彼女のかわいさに改めて見入っている。すると「乳首見えてるじゃないか?」と彼女の乳首がはみ出た画像が現れる。興奮した男はさらにファイルをクリックしていく。すると、おしりを突き出した画像や足を広げた画像などが次々と現れる。「これ、どうなってるの?」とさらにクリックしていく男。「やらしいな〜。あいつ、こんなことやってるんだ。」と彼女をモデルにエッチな写真を撮っていることにますます興奮していく男。「まさか・・・これ・・・、ヌード写真集になってるのか?」とおっぱい丸出しに画像が現れる。そしてついに「おお!すげぇ。彼女のオマンコ。パックリ開かせちゃって・・・。」とオマンコをパックリと広げた画像が。さらにローターやバイブを挿入した画像まで現れる。親友は自分のチンポをしゃぶらせた写真まで撮っていた。「いいなあ、エロいな〜」と興奮を抑えられなくなった男はズボンを脱ぎチンポを取り出した。すでにビンビンになっている肉棒を握りながらシコシコとしごきだした。「これ・・・、このままいくと・・・、ヤッちゃってる写真とか出てくるのかな?」とつぶやいた瞬間、親友が彼女のオマンコに挿入した画像が露わに。「こんないい女と、俺もやりてえなあ・・・」とチンポをしごきながら画面に見入っている。そこへ、ドアが開く音がして親友の彼女、瑞樹ララが入ってきてしまう。慌てた男は急いでパンツを穿きソファーに座るが、ララはパソコンの画面に残った画像を見てすべてを悟ってしまう。「見ないで。忘れて。」と懇願するが時すでに遅かった。「絶対誰にも言わないで。」とお願いするララに「一回ヤラせて。」と田中は交換条件を出す。「彼氏にバレたら・・・」と戸惑うララに田中はさらに迫っていく・・・。
続きはこちら

H:G:M:O