淫乱痴女社長のエロエロ社員教育|草凪純


「新入社員の皆さん、仕事には慣れてきましたか?」と優しく問いかける社長の草凪純ちゃん。「は、はい・・・」と頼りない声で返事する新入社員たち。「・・・さて、今日は皆さんに、オナニーを見せてもらいたいと思います。」といきなりの大胆な発言に口々に驚く新入社員たち。「恥ずかしい部分をみんなにに見せられなかったら成長しないでしょ?」と厳しく叱責する純社長。「さあ、早く見せてご覧なさい。」と促す純社長に渋々ズボンを脱ぎ始める新入社員たち。「もっと激しく!もっと!」とオナニーの仕方が甘いという純社長。「もう、仕方ないなぁ。焦れったい。私がオナニーするからしっかり見ておきなさい。」と自ら実践して社員たちに仕事を覚えさせようという純社長。「オナニーというものをどうやるか?どうして社長にまでなれたのか?ちゃんと観察しておくのよ。」と大胆に足を広げていく純。ミニスカがまくり上がり、セクシーなパンティがあらわになる。ブラウスの上からおっぱいを揉みながら「あなたたち、手を止めないで。」社員たちにチンポをしごき続けるよう指示すると、吐息を漏らしながらオマンコを弄り出す。大きなおっぱいを露出し、電マを取り出すと、パンティをグイッと食い込ませてオマンコに押し当てていく。「ねえ、あなたたちも手伝って。」社員たちに自分の体を弄るよう指示する純。「私の体を弄り倒して。」社員たちは社長の指示に従い、純の体をメチャクチャにし始める。オマンコにはずぶりと指が挿入されグジョグジョにされる。「クリトリスも激しく擦って〜」社員たちに次々と指示を出し気持ちよくさせるようとする純。「あ〜〜!」顔を歪ませて感じていく純。さらに電マを自らオマンコに挿入し、グジョグジョとピストン。気持ちよさを社員たちに訴えていく。「しっかり見て、私のイクとこしっかり見て。あ〜イク。あ〜イク。あ〜〜〜!」体をビクビクと震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。気持ちよくなったオマンコを激しく舐めさせきれいにさせる純。さらにオマンコには社員たちのザーメンをかけさせる。社員たちのザーメンだらけになったオマンコを電マで激しく刺激して、再びオーガズムを迎える純。セクハラ痴女社長が社員たちを自らの体で教育していく変態社長の物語。エロ女社長に隠語で攻められたい願望の方には超絶お薦めの作品。
続きはこちら

H:G:M:O

痴女社長 〜社員のためなら体を張ります〜|草凪純


「失礼します。」とドアをノックする男。すると中から「どうぞと」と女の声が。部屋に入ると、デスクの上に足を乗せて待ち構える美女が居た。「座って」色気のある声で促すのは、社長の草凪純ちゃん。男がソファーに座ると、ヒールの音をさせて近寄ってくる純。「あなたね?新しく入った新入社員って。結構かわいいじゃない。」とからかうような笑みを浮かべる純。ゆっくりと新入社員に近づき「どうしたの?ちょっと緊張してるんじゃない?」と新入社員の膝をさする。「そんなに緊張することないわよ?」とリラックスさせようとする純。「うふふ、やっぱり緊張しちゃって・・・」新社員の緊張が手に取るようにわかる純。足を組み替えてセクシーなストッキングがより目に映る。純は膝から太ももを摩りながら「そんなに緊張したら、仕事もうまくいかないわ。」と言葉をかける。「ほら、そんな堅くならないで・・・。私が緊張をほぐしてあげようか?」純の意外な申し出に「は、はい」と返事をする新入社員。「ゆっくり深呼吸して・・・。ほら、やっぱり堅くなってる・・・」と下半身をゆっくりとまさぐっていく純。「そう、ゆっくりと深呼吸して・・・」とズボンをゆっくりと脱がせていく純。「私に体を委ねてね。」と股間をまさぐりながら「どうしたの?こんなに堅くしちゃって・・・」とチンポがすでに勃起しているのを弄んでいる。「パンツの上からじゃ、全然緊張がほぐれないんじゃない?」とパンツも脱がせてしまう。新入社員のチンポがあらわになると「お口でほぐしてあげちゃおうかな?」とペロリと金玉袋から竿にかけて丁寧に舐め上げていく純。「おいしそうなおちんちんしてるわね」純はおいしそうにチンポに舌を絡ませていく。「余計に大きくなっちゃうかな?」純のフェラテクに見る見ると肉棒を硬直させていく新入社員。艶めかしい視線で見つめながら激しくフェラチオをしていく純。「おしりの穴の舐めさせて・・・」男のアナルをベロベロとなめながら肉棒を手コキしていく純。ジュボジュボと激しいピストンに男は気持ちよさを隠せない。「もっと舐めさせて〜」純は男を立たせると再び激しく舐め回していく。「堅く、熱くなってきた。私のお口にいっぱいちょうだい〜」純の手コキとフェラがさらに激しくなっていく。息づかいが荒くなってきた新入社員は「あ〜、イキそうです。あ〜、イクッ!」と純の口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「あ〜おいしい〜」純は男のザーメンをコーヒーに入れかき混ぜると「さあ、これでも飲んで仕事がんばってね」と新入社員を励ます。後日、別室で話をしている社長と取引業者の社長。「社長、お宅の社員のせいで、うちは多大な損害ですよ。」と詰め寄ってきた。「どうかお願いします。なんなら、私のこと好きにして構いませんから・・・」と身を挺して社員を守ろうとする純。「体を張って、責任取りますから・・・」と取引業者のいいなりになることに。会社のピンチのため、取引先社長の手に堕ちてしまう純。社長の前でパックリとオマンコを広げさせられてしまう・・・。痴女攻めで新入社員を励ます美人社長、鳥費業者のいいなりなってしまう女社長。できる女が男に辱めを受ける羞恥プレイが見物。
続きはこちら

H:G:M:O

プライベートダンサー 2 〜お客様のご要望に応えます〜|草凪純


日々ダンスの練習を続けている草凪純ちゃん。シースルーの衣装がセクシーだ。そこへ、客が来店する。「前回のお詫びをするといわれたのでのぞきに来たよ。」と客。「ちょうど練習していたところなので見てください。」と再び踊り始める純。体をくねらせてセクシーなポーズを繰り広げる純。シースルーの衣装から覗くたわわなおっぱいが何ともエロい。すると突然、客がそのたわわなおっぱいに触れてきた。一瞬戸惑う純だが、前回の失敗を繰り返さないために、客のリクエストには応えるつもりだ。そう、ここは、客の希望を叶えるプライベートダンスクラブ。客は、純のセクシーな体に興奮し、後ろから巨乳をまさぐってきた。さらに、下半身に手を伸ばし、Tバックパンティの隙間から、オマンコにまで指を入れてくる。純は客の要望に応えるため、自らパンティを下ろし、四つん這いになっていく。客は、丸見えになったオマンコをパックリと広げて、純のオマンコの中までイヤらしく開いていく。客の指には純の愛液が絡み、その指はクリトリスを刺激していく。「あ〜ん。」堪らず喘ぎ声を上げてしまう純。客は、純の肩紐をずらし徐々に脱がせていく。肩紐を乳首に擦りつけ刺激していく。「さあ、全部見せてごらん。足を大きく開いて。」純は、客に言われるまま、足を大きくM字に開きパックリとオマンコを広げていく・・・。パイパンオマンコが美しい純。どんどんクリトリスが勃起し、純も興奮していく。たっぷりとクンニされた後、手マンチョで大量の潮吹き。ローター&電マ攻めでイカされると、極太バイブでズボズボとピストンされ何度も絶頂&潮吹き。フェラチオ&手コキで肉棒をイカせると、ザーメンをゴックン。最後は、肉棒をたっぷりとピストンされた後、そのまま中出しへ。プライベートダンスクラブでは、お客様のご要望にすべてお応えしています。
続きはこちら

H:G:M:O

プライベートダンサー 〜罠に墜ちた巨乳〜|草凪純


暗闇の中、セクシーなポーズで体をくねらせている草凪純ちゃん。徐々にライトが当てられると、スレンダーなセクシーボディがあらわになっていく。今にも乳首が見えそうな三角ビキニをさらりと取り、きれいなおっぱいを露出。さらにTバックのパンティを一気に脱ぎさる。手足の長いセクシースレンダーだ。場面変わって、とあるビルを訪れた純。「初めまして。先ほどお電話しました草凪です。」部屋に入ると、男の面接官に自己紹介する。「どうぞ座ってください。」面接官に促され椅子に座る純。「現在、年齢のほうはいくつになりますか?」面接官に問われ「今年29歳になりました。」と大人の色気を醸し出す純。「そうですか。当店はお客様に対して、ダンスを披露していただくという形を取っているんですが、ダンスの経験などは?」と仕事の説明をする面接官。「3年くらいなんですけど、でも大丈夫だと思います。」と自信を見せる純。「そうですか。うちのお店のシステムは、お客様に対して一対一で向き合って踊っていただく、プライベートダンススタイルを取っております。」と面接官はお店のスタイルを説明。「お店に来ていただく方々は、世間で言われるお金持ちの方、VIPの方が多いので、粗相のないように気をつけていただくということを第一に考えてください。」さらに客層がセレブ中心であることも付け加えていく。「お客様がなさろうとすることには、すべて対応していただくということでやっていきます。」とお客様のリクエストには基本的にすべて応える方針だという。「とりあえず、ダンスを見てみたいので、今からここで踊ってもらえませんか?」と実技面接をしたいという面接官。「はいよろしくお願いします。」と快諾する純。「今日は何か衣装などはお持ちですか?」と面接官に聞かれ「今日は持ってきてないんですけども・・・。」と遠慮がちに答えると「そうですか・・・、じゃあ、とりあえず下着になって踊ってもらえますか?体のラインなどが見えないので、衣装がない場合は下着姿で踊ってもらいたいのですがよろしいですか?」という面接官の言葉に躊躇しながらも「はい、よろしくお願いします。」と応じることにした純。その場で服を脱ぎ始める純。下着姿になると「きれいな体のラインですね?」とまずは合格の様子。「何か、持ってくればよかったですね。恥ずかしいです。」と照れる純。「スリーサイズを聞いておきましょうか?」と面接官。「上からB92W54H85です。カップはFカップです。」とナイスボディであることを披露。「あなたのような方に目の前で踊られたら、お客様のさぞお喜びでしょう。」と面接官も純の体に満足した様子。「では音楽をかけます。」音楽とともにダンスを披露する純。なかなかのセクシーダンスを魅せる純。「すばらしいですね。それだけ踊れれば客様の喜んでくれると思います。早速うちで働いてもらいましょう。」と太鼓判を押す面接官。早速契約を交わすことになった純。「今日から仕事をしてもらいましょう。」とまずは更衣室へ案内される純。「そろそろ、お客様が見える時間ですので、今日はこの衣装を着てください。」と促される。更衣室で衣装に着替えるために全裸になると、用意されたセクシーな衣装を身につける。最初のお客がやってきて「今日、入りたての新人がおりますので・・・。」と純が接客することに。音楽に合わせてプライベートダンスを魅せる純。衣装を脱ぎ、おっぱいを丸出しに。Tバックパンティだけで、体をくねらせていく。お客の膝の上に乗り、密着したダンスを魅せる。お客は、純の体を当然のようにまさぐり出す。しかし「いや、ちょ、ちょっと。」とお客の行為を拒絶してしまう。「話が違うじゃないか。支配人を呼んでこい。」とお客が怒り出してしまう。「申し訳ありません、再教育しておきますので。」とお客を納得させる支配人。「今日の客はうちの常連なんだよ。まったく困ったことをしてくれたよ。」という支配人に「お客様がしつこく触ってきたんです。そういうところでは働けません。」と仕事内容から辞めると言い出した純。「辞めると言うんであれば、契約違反の違約金を払ってからにしてもらうよ。」と契約書を見せる支配人。「ほらここに、違約金1000万円と書いてあるでしょう?読まなかったの?」と純に落ち度があるという支配人。「では、働いて返します。」と妥協することにした純。「どんなことをされてもちゃんとサービスするんだ。いいですか?」と念を押される純。「では、早速講習を始めるよ。触られたぐらいで騒がないように、講習します。先負脱いで、ここでダンスをしてください。」と全裸でダンスをするように言われる純。しかたなく、純は全裸になり、支配人の前でセクシーなダンスをし始める・・・。自分が思っていた以上の仕事内容に納得できなかった純が、契約を盾に辞められず、体を使って違約金を返すことに。支配人に体を弄られ電マやバイブで何度もイカされてしまう。羞恥プレイ好きには堪らない作品。
続きはこちら

H:G:M:O

伝説の熟女スター草凪純のエロダンス 後編|草凪純


草凪純ちゃんは、パーフェクトエロボディを携え、1996年に加納瑞穂の名前でデビュー。グラビアやVシネマでも大活躍し、さらには、FMWプロレスにマネージャーとして参戦、試合まで出場、さらにはヌードモデルとしてアメリカに進出し、JUNEの名前で活躍。日本のみにとどまらず、アジア全域、世界にまでその名を広め、絶大な人気を誇ったあの伝説を得とご覧あれ!
続きはこちら

草凪純のセクシー中出しダンス 後編|草凪純


熟女系草凪純さんです!後編はオマンコをいじられクンニから拘束プレイに突入!拘束した純チャンをローター&電マ責めでガンガン潮吹き!そしてフェラ&イマラチオから生ファックに!やりたい放題される純さん!これがたまらなくエロいんです!ぜひご覧ください!
続きはこちら