即シャク公衆便所 〜太いのが大好き〜|香山広子


いきなり可愛い女の子が男便所に飛び込んでおちんこをガン見してきたら、出しかけたおしっこも引っ込んじゃいますよね。「あの、痴漢とかじゃないんで・・・間違えちゃいました。すみません」でも視線は、おちんこをガン見しつつ、すごいニコニコ。ノーブラタンクトップと切りっ放しのデニムミニスカートに生脚。しかもノーブラを指摘してもニコニコ。すごい変態感です。何でノーブラなんですか「したくない気分でした」とあっさり。むき出しおちんぽの横で微笑む変態娘。おちんこ見られてたんで僕も何か見せてもらえればとオネダリすると「えぇ」と言いながらも、エロい満面の笑み。「見てません。」と言いながらもおチンコ好きですかと尋ねると笑顔で、「はい」と即答。やっぱり。ヤル気満々な痴女さんです。揉んでみると、柔らかおっぱい。Dカップおっぱいの乳首勃起しちゃってますね。若くて可愛いまんまる美乳の痴女に遭えることなんて人生そんなにないですよね。ってことで、便所内でヤリまくり中出しSEXをお楽しみくださーい。便座でガン突きされ美乳を震わせうっとり中出し待ちする痴女娘にガマンなんてできないでしょ。
続きはこちら

ビルの屋上で初めての露出x青姦|香山広子


ビルの非常階段で「露出は初めてです」そんな第一声で始まった撮影。彼女のお名前は広子ちゃん、普通に可愛い近所にいそうな女の子です。大人しそうな顔をしてますがちょっとMっ気があるのか「緊張してます」とは言っているが、いきなりTシャツをまくっておっぱいをみせてとリクエストすると「はいっ」と軽いノリで応える。こういうエッチな撮影に対して何も背徳感を感じてる様子もない「イマドキの女の子」の典型かもしれませんね。スタッフのエッチなリクエストに応じて、あっという間にノーブラ&ノーパンになっていく彼女。ノーパンで非常階段を上がってもらい屋上までたどりついたら、露出プレイ!肉まんみたいにまん丸としたお尻の割れ目をパカ〜っと開いてみたりDカップの程よく大きいおっぱいをつんつん、モミモミ。フェラは控えめだが一生懸命に咥える姿に興奮!挿入するまでは静かでただのいいなりだったが、挿入してからは喘ぎ声がすばらしい!ビルの屋上でパッツンパッツンと長いイチモツを出し入れされながら喘ぐ姿は必見です!
続きはこちら

仕事帰りに風俗に寄ってみたら会社の面接で落としたDカップ女子が実は風俗嬢だった!再面接中に中出しさせていただきました!|香山広子


始めまして。この度は求人広告でお電話させていただいた香山ですけど…会社の面接に現れた若い女の子が中々いい感じだったのだけどもお給料の面で見合わないので今回はなかったことにした。後日…会社の帰りに風俗に行った。Dカップの可愛くて若い風俗嬢の広子ちゃん登場!緊張してるようなので、普通にしていいよとなだめて普通の仕事はしてないの?と聞くとしたいけど希望にそったところが見つからないと言う。「受付嬢とかによさそうだ」と言うと「できますか?」と聞いてきたのでやわらかいおっぱいを触りながら…
続きはこちら

素人ガチナンパ 〜学校帰りにバイトまでの暇な時間でSEX〜|香山広子


ミニの花柄ワンピースが可愛い学生さんをガチナンパ!学校からバイトまでの時間付き合ってよ〜!と個室に連れ込んじゃいました。「ここナニ?」「ここホテルじゃないですか?」とあまりヤル気が無さそうな感じですが、ここからヤっちゃう流れにのせるのがナンパ師の技。おふとんあるけど疲れたら休んでってだけだから、とツッコミどころのある切り替えしをしつつ、軽いノリで彼氏いるの?と訊いてみます。「彼氏います。あ。間違えた。1ヶ月くらい前に別れました。」「寂しいです。」心も体も寂しいんだね広子ちゃん。唐突にジャンケンしよう!ハイ、広子ちゃんの負け。じゃんけんで負けたら脱いでく(後付)システムです。ワンピ脱いだら下着になっちゃうと恥らう広子ちゃんですが、脱いでくれました。薄い色素の乳首の柔らかDカップ柔らかオッパイ。と小尻が可愛いです。オナニーするくらいならSEXする派だそうで、最後にヤったのは1ヶ月前。じゃ、溜まってるよね。舐めるの好き?にエロい笑顔。段々ヤル気になってきました。それでは、心もマンコも寂しんぼうの広子ちゃんとハメまくりの中出しSEXをお楽しみくださーい。
続きはこちら

ヤル気満々のノーブラ女子が間違って男子トイレに入ってきたのでアソコをチラ見させたら喰いついてきたので誘ってみました|香山広子


女子トイレと間違っちゃったんです、別に痴漢とかじゃないんで…と言ってノーブラの女の子が入ってきた。ジロジロと僕のアソコを見てる…なんなんだこの娘は…と思いつつ、「そんなに興味あります?触りたいですか?」否定しまくるので、正直触りたいはずだと思いノーブラを突っ込んでみた。「なんでブラジャーしてないんですか?」それでもニヤニヤ笑っている。変態女子とみた。「ブラをしたくない気分でした」と言い訳してきた。そんな彼女の乳首はビンビンに立っている。段々こちらもムラムラしてきたので「僕のチン○ン見せてるわけですから、僕もなんか見せてください。」それでも、彼女は拒むばかり。「じゃ、手貸してください。おしっこ出るようにやってください。刺激とかしたらおしっこでるかもしれない。」と言い訳して無理やり彼女の手を取りシコシコしてもらった。「チン○ン好きですか?」「はい。」やっぱりそうらしい。乳首も立ってるし…おっぱい何カップか聞いてみてるとDカップとのこと。柔らかそうなのでモミモミしたら、気持ちよさそう。「チン○ン目的だったんでしょ??」と突き止めると「はい…」というので「僕別にやってもいいですけど…」
続きはこちら