ENCORE Vol.34 敏感嬢、寸止めアクメ! 1|雨宮琴音


笑顔が水○あさみにそっくりな雨宮琴音ちゃん。初めてのオナニーを聞かれるが恥ずかしがりながらはぐらかす。今でもオナニーはするという琴音。ローターを使うというので早速オナニーをしてもらうことに。「どうしたらいいですか?」と恥じらいながらも足を開いてオマンコにローターを当てていく。すぐにローターの振動がオマンコを刺激し喘ぎ声を漏らしてしまう。ショートパンツを脱ぎパンティの上からクリトリスにローターを当てていく琴音。グリグリとかき回すようにローターを滑らせ激しく感じていく。息づかいが激しくなりあっという間に絶頂へ達してしまった。「恥ずかしい・・・」とはにかむ琴音だが「正直物足りないんじゃないの?」と聞かれ図星とばかりに照れる。極太バイブを取り出し琴音はパンティを脱ぐ。足をM字に開いてオマンコがパックリと丸見え状態に。男がバイブのスイッチを入れズブリと琴音のオマンコに挿入していく。バイブをスルリと飲み込んでいく琴音のオマンコ。ズブズブと高速にピストンしていくと琴音は堪らず喘ぎ声を激しくさせる。「あ〜イヤ。気持ちいい〜」と愛液を垂らしながら感じてしまう。「あ〜イク。」琴音は再びあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。
続きはこちら

コメントを残す